大笠利港の海中(その2)

|   
(2009:07:21 16:38:44, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

カンムリベラやウニ殻を被ったウニ、干上がったリーフでよく見かけるシャコ、餃子のようなカキそして産まれたばかりのゴンズイの群れ。なんとなくサンゴの海というよりも普通の温帯の海という雰囲気だ。
 


大笠利港の海中(その2)

|   
(2009:07:21 16:34:15, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

カンムリベラやウニ殻を被ったウニ、干上がったリーフでよく見かけるシャコ、餃子のようなカキそして産まれたばかりのゴンズイの群れ。なんとなくサンゴの海というよりも普通の温帯の海という雰囲気だ。
 


大笠利港の海中(その2)

|   
(2009:07:21 16:31:15, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

カンムリベラやウニ殻を被ったウニ、干上がったリーフでよく見かけるシャコ、餃子のようなカキそして産まれたばかりのゴンズイの群れ。なんとなくサンゴの海というよりも普通の温帯の海という雰囲気だ。
 


大笠利港の海中(その2)

|   
(2009:07:21 16:26:12, NIKON D200, F3.0, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

カンムリベラやウニ殻を被ったウニ、干上がったリーフでよく見かけるシャコ、餃子のようなカキそして産まれたばかりのゴンズイの群れ。なんとなくサンゴの海というよりも普通の温帯の海という雰囲気だ。
 


大笠利港の海中(その2)

|   
(2009:07:21 16:24:37, NIKON D200, F3.5, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

カンムリベラやウニ殻を被ったウニ、干上がったリーフでよく見かけるシャコ、餃子のようなカキそして産まれたばかりのゴンズイの群れ。なんとなくサンゴの海というよりも普通の温帯の海という雰囲気だ。
 


大笠利港の海中(その1)

|   
(2009:07:21 16:22:27, NIKON D200, F3.5, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大笠利にたどりついたときには体が熱を持って暑かったのでとりあえず海へ。大笠利港ではその後何回か泳いだがリーフエッジまで遠いのでリーフ内のみ。
透明度が低い浅瀬だったがそれでもオキナメジナ(写真撮れず)やミノカサゴ、5枚目の写真のクマノミなども含めてたくさんの生き物を見れた。


大笠利港の海中(その1)

|   
(2009:07:21 16:13:08, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大笠利にたどりついたときには体が熱を持って暑かったのでとりあえず海へ。大笠利港ではその後何回か泳いだがリーフエッジまで遠いのでリーフ内のみ。
透明度が低い浅瀬だったがそれでもオキナメジナ(写真撮れず)やミノカサゴ、5枚目の写真のクマノミなども含めてたくさんの生き物を見れた。


大笠利港の海中(その1)

|   
(2009:07:21 16:10:33, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大笠利にたどりついたときには体が熱を持って暑かったのでとりあえず海へ。大笠利港ではその後何回か泳いだがリーフエッジまで遠いのでリーフ内のみ。
透明度が低い浅瀬だったがそれでもオキナメジナ(写真撮れず)やミノカサゴ、5枚目の写真のクマノミなども含めてたくさんの生き物を見れた。


大笠利港の海中(その1)

|   
(2009:07:21 16:06:55, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大笠利にたどりついたときには体が熱を持って暑かったのでとりあえず海へ。大笠利港ではその後何回か泳いだがリーフエッジまで遠いのでリーフ内のみ。
透明度が低い浅瀬だったがそれでもオキナメジナ(写真撮れず)やミノカサゴ、5枚目の写真のクマノミなども含めてたくさんの生き物を見れた。


大笠利港の海中(その1)

|   
(2009:07:21 16:05:22, NIKON D200, F7.1, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大笠利にたどりついたときには体が熱を持って暑かったのでとりあえず海へ。大笠利港ではその後何回か泳いだがリーフエッジまで遠いのでリーフ内のみ。
透明度が低い浅瀬だったがそれでもオキナメジナ(写真撮れず)やミノカサゴ、5枚目の写真のクマノミなども含めてたくさんの生き物を見れた。


大笠利港

|   
(2009:07:21 15:41:17, NIKON D200, F9.0, 1/200, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近で一番大きな集落/港の大笠利に到着。奄美大島探検図には表示されていなかったが、港の端にある公園にはトイレ/シャワー/水道完備。陽を避けれる休憩所もありテントが5張りぐらいあった。
また、公園の前は海に降りれるように階段が作られていて子供が数人泳いでいた。


大笠利港

|   
(2009:07:21 15:40:34, NIKON D200, F9.0, 1/160, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近で一番大きな集落/港の大笠利に到着。奄美大島探検図には表示されていなかったが、港の端にある公園にはトイレ/シャワー/水道完備。陽を避けれる休憩所もありテントが5張りぐらいあった。
また、公園の前は海に降りれるように階段が作られていて子供が数人泳いでいた。


大笠利港

|   
(2009:07:21 15:39:51, NIKON D200, F9.0, 1/125, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近で一番大きな集落/港の大笠利に到着。奄美大島探検図には表示されていなかったが、港の端にある公園にはトイレ/シャワー/水道完備。陽を避けれる休憩所もありテントが5張りぐらいあった。
また、公園の前は海に降りれるように階段が作られていて子供が数人泳いでいた。


大笠利港

|   
(2009:07:21 15:36:19, NIKON D200, F9.0, 1/250, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近で一番大きな集落/港の大笠利に到着。奄美大島探検図には表示されていなかったが、港の端にある公園にはトイレ/シャワー/水道完備。陽を避けれる休憩所もありテントが5張りぐらいあった。
また、公園の前は海に降りれるように階段が作られていて子供が数人泳いでいた。


大笠利港

|   
(2009:07:21 15:36:11, NIKON D200, F9.0, 1/160, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近で一番大きな集落/港の大笠利に到着。奄美大島探検図には表示されていなかったが、港の端にある公園にはトイレ/シャワー/水道完備。陽を避けれる休憩所もありテントが5張りぐらいあった。
また、公園の前は海に降りれるように階段が作られていて子供が数人泳いでいた。


辺留城古墳

|   
(2009:07:21 15:17:50, NIKON D200, F9.0, 1/1250, 0, ISO:800, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大島奉行所跡のすぐ近くにあった入り口。辺留城古墳が近くにあるらしい。とりあえず入り口から入り坂を登って丘の上に出たが、サトウキビ畑が広がるだけでそれらしいものは見つからなかった。


辺留城古墳

|   
(2009:07:21 15:17:04, NIKON D200, F9.0, 1/200, 0, ISO:800, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大島奉行所跡のすぐ近くにあった入り口。辺留城古墳が近くにあるらしい。とりあえず入り口から入り坂を登って丘の上に出たが、サトウキビ畑が広がるだけでそれらしいものは見つからなかった。


大島奉行所跡

|   
(2009:07:21 15:16:42, NIKON D200, F9.0, 1/15, 0, ISO:800, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大島奉行所跡

昭和46年町指定文化財
笠利町笠利

 琉球王朝から薩摩藩の直轄地となって大島全体の行政機構がここにおかれた。慶長18年(1613年)~寛永10年(1635年)の22年間大島統治の拠点となった。現在は石垣だけがその名残りをとどめている。

笠利町教育委員会
笠利町歴史民族資料館


大島奉行所跡

|   
(2009:07:21 15:16:20, NIKON D200, F9.0, 1/10, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大島奉行所跡

昭和46年町指定文化財
笠利町笠利

 琉球王朝から薩摩藩の直轄地となって大島全体の行政機構がここにおかれた。慶長18年(1613年)~寛永10年(1635年)の22年間大島統治の拠点となった。現在は石垣だけがその名残りをとどめている。

笠利町教育委員会
笠利町歴史民族資料館


辺留海岸

|   
(2009:07:21 14:59:26, NIKON D200, F9.0, 1/160, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

須野集落を出て北上すると辺留海岸に着いた。この付近は切れ目のないリーフが沖まで続いていてずっと浅瀬。潮が引くとエントリーするまでものすごい距離を歩く羽目になる。


ランダム画像


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com