宇宿貝塚史跡公園

|   
(2009:07:21 11:17:27, NIKON D200, F9.0, 1/125, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

宇宿貝塚史跡公園

休園日 月曜・祝祭日の翌日・年末・年始
入園時間 09:00~16:30
入園料 大人200円
    大・高100円
    小・中50円

歴史館との共通券は大人のみ300円


奄美大島で見かけた花

|   
(2009:07:21 11:05:50, NIKON D200, F9.0, 1/60, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

道路沿いで見かけた花。中心が黄色の白い花びらが面白い具合に巻かれていた。


奄美大島で見かけた花

|   
(2009:07:21 11:05:46, NIKON D200, F9.0, 1/180, 0, ISO:100, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

道路沿いで見かけた花。中心が黄色の白い花びらが面白い具合に巻かれていた。


高倉

|   
(2009:07:21 11:03:47, NIKON D200, F9.0, 1/50, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道601号から城間トフル墓群へ向かう途中に高倉があった。奄美大島ではこのような極端に床を高くした高倉がぽつぽつ残っている。昔は米を保管する穀物倉庫として使われていたらしい。


城間トフル墓群

|   
(2009:07:21 11:01:11, NIKON D200, F4.0, 1/20, -1, ISO:1600, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

2号トフル墓

1号トフル墓に比べ一回り大きく、中は納骨甕棺で詰まっている。又、珍しい家型の形をした納骨堂「モウヤ」が2基安置されている。1号トフル墓同様床面は埋まっている。


城間トフル墓群

|   
(2009:07:21 11:00:15, NIKON D200, F4.0, 1/13, 0, ISO:1600, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1号トフル墓

全体的にこじんまりしたトフル墓だが、奥に一段高い死床を有している。この上にお棺を安置し、改葬後甕棺を納骨する。床面は土砂などで埋まっているため不明である。


奄美市のマンホール

|   
(2009:07:21 10:58:56, NIKON D200, F14.0, 1/60, 0, ISO:400, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美市のマンホールにはウミガメが描かれていた。奄美大島の海にはウミガメが多く泳いでいる。そして沖合いには浦島太郎の元となった竜宮城があると伝えられているらしい。


城間トフル墓群

|   
(2009:07:21 10:58:49, NIKON D200, F14.0, 1/40, 0, ISO:400, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道601号を北上していると今度は城間トフル墓群の案内板を発見。案内地図によると1号と2号墓はすぐそばにあるので行ってみることに。
1号と2号の墓は丘のような場所に横穴が掘られたような遺跡。藪の中のため蚊が多く、早々に退散してしまった。


城間トフル墓群

|   
(2009:07:21 10:56:11, NIKON D200, F14.0, 1/125, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道601号を北上していると今度は城間トフル墓群の案内板を発見。案内地図によると1号と2号墓はすぐそばにあるので行ってみることに。
1号と2号の墓は丘のような場所に横穴が掘られたような遺跡。藪の中のため蚊が多く、早々に退散してしまった。


宇宿漁港

|   
(2009:07:21 10:42:57, NIKON D200, F14.0, 1/80, 0, ISO:100, 15 mm(換算22 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から少し脇道を下ったところにある港「宇宿漁港」。船の繋留は少ないものの大きな港で、ウミガメがぷかぷか我が物顔で泳いでいた。
漁港内はテント設営禁止。しかし水道やトイレがあるため、宇宿漁港内の公園には数張りのテントがあった。


宇宿漁港

|   
(2009:07:21 10:38:41, NIKON D200, F14.0, 1/250, 0, ISO:100, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から少し脇道を下ったところにある港「宇宿漁港」。船の繋留は少ないものの大きな港で、ウミガメがぷかぷか我が物顔で泳いでいた。
漁港内はテント設営禁止。しかし水道やトイレがあるため、宇宿漁港内の公園には数張りのテントがあった。


宇宿漁港

|   
(2009:07:21 10:36:16, NIKON D200, F14.0, 1/160, 0, ISO:100, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から少し脇道を下ったところにある港「宇宿漁港」。船の繋留は少ないものの大きな港で、ウミガメがぷかぷか我が物顔で泳いでいた。
漁港内はテント設営禁止。しかし水道やトイレがあるため、宇宿漁港内の公園には数張りのテントがあった。


宇宿漁港

|   
(2009:07:21 10:35:18, NIKON D200, F14.0, 1/125, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から少し脇道を下ったところにある港「宇宿漁港」。船の繋留は少ないものの大きな港で、ウミガメがぷかぷか我が物顔で泳いでいた。
漁港内はテント設営禁止。しかし水道やトイレがあるため、宇宿漁港内の公園には数張りのテントがあった。


奄美大島笠利町に漂着したなぞの物体

|   
(2009:07:21 10:34:53, NIKON D200, F14.0, 1/160, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

平成20年6月24日に奄美市笠利町用安海岸に漂着した正体不明のタンク。現在は宇宿港の片隅に置かれている。サイズは直径3.7メートル、高さ3メートル。アメリカの大学の観測用ブイらしい。


万屋下山田遺跡

|   
(2009:07:21 10:03:23, NIKON D200, F14.0, 1/60, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

万屋下山田第Ⅱ遺跡

 万屋下山田遺跡は第Ⅰ(西側)、第Ⅱ、第Ⅲ(東側)遺跡からなる。第Ⅰと第Ⅱは縄文時代、第Ⅲは14世紀の遺跡である。第Ⅱ遺跡は昭和59年~60年にかけて発掘調査が行われた。県道拡張工事に伴い平成2年にも調査が行われる。その結果多くの土器、貝、集石が出土し新しいタイプの土器や骨製品も検出されている。今から焼く3500年前の生活跡が残っている。

笠利町教育委員会
笠利町歴史民族資料館


万屋下山田遺跡

|   
(2009:07:21 10:03:07, NIKON D200, F14.0, 1/30, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

万屋下山田第Ⅱ遺跡

 万屋下山田遺跡は第Ⅰ(西側)、第Ⅱ、第Ⅲ(東側)遺跡からなる。第Ⅰと第Ⅱは縄文時代、第Ⅲは14世紀の遺跡である。第Ⅱ遺跡は昭和59年~60年にかけて発掘調査が行われた。県道拡張工事に伴い平成2年にも調査が行われる。その結果多くの土器、貝、集石が出土し新しいタイプの土器や骨製品も検出されている。今から焼く3500年前の生活跡が残っている。

笠利町教育委員会
笠利町歴史民族資料館


釣り船で行く皆既日食ツアー

|   
(2009:07:21 09:10:32, NIKON D200, F14.0, 1/80, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

募集 悪石島へ行こう
皆既日食観測と釣りのツアー
先着10名様までの限定
1泊2日のクルーズ
21日出発-22日夜帰港
参加費1名様56000円(食事付)
釣り船 第三大黒
0997-55-2323


三角点とバッタ

|   
(2009:07:21 09:08:21, NIKON D200, F14.0, 1/40, 0, ISO:100, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号沿いに三角点があったのでパチリ。すぐ横の植物にはバッタもいました。


三角点とバッタ

|   
(2009:07:21 09:07:31, NIKON D200, F14.0, 1/40, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号沿いに三角点があったのでパチリ。すぐ横の植物にはバッタもいました。


奄美大島3日目。ようやく奄美空港

|   
(2009:07:21 08:51:45, NIKON D200, F14.0, 1/125, 0, ISO:100, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美空港に着いたのが2日前。名瀬までバスで出て再び奄美空港を目指して歩いてきたがようやく奄美空港が見えてきた。海の中に誘導灯の柱が立っているのが見える。


ランダム画像


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com