油戸から加茂へ(その1)

|   
(2008:08:27 12:01:55, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

海から上がった後は再び青い海を見ながらの移動です。ずっと磯、磯、磯でどこでも泳げる雰囲気。ここでも浅い磯がある場所では岩のりを採るためのコンクリート床が整備されていました。


油戸の北の海中(その2)

|   
(2008:08:27 11:33:41, NIKON D200, F2.8, 1/400, +3, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近に集まっている魚はミズクラゲを食べに来ているようです。カワハギもアジやサバもクラゲを啄ばみながら泳いでいました。


油戸の北の海中(その2)

|   
(2008:08:27 11:29:16, NIKON D200, F2.8, 1/400, +4, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近に集まっている魚はミズクラゲを食べに来ているようです。カワハギもアジやサバもクラゲを啄ばみながら泳いでいました。


油戸の北の海中(その2)

|   
(2008:08:27 11:29:05, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近に集まっている魚はミズクラゲを食べに来ているようです。カワハギもアジやサバもクラゲを啄ばみながら泳いでいました。


油戸の北の海中(その2)

|   
(2008:08:27 11:26:23, NIKON D200, F3.2, 1/400, +3, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近に集まっている魚はミズクラゲを食べに来ているようです。カワハギもアジやサバもクラゲを啄ばみながら泳いでいました。


油戸の北の海中(その2)

|   
(2008:08:27 11:26:17, NIKON D200, F3.2, 1/400, +3, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近に集まっている魚はミズクラゲを食べに来ているようです。カワハギもアジやサバもクラゲを啄ばみながら泳いでいました。


油戸の北の海中(その1)

|   
(2008:08:27 11:23:34, NIKON D200, F2.8, 1/400, +4, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

油戸では国道50号の北側トンネルを抜けたところで海に入りました。浅瀬にサンバソウやサバ、アジ、そしてミズクラゲが多数見れる海。ここで遭った生き物も白山神社の海と同じ感じでした。海の透明度も高く気持ちよく泳げました。


油戸の北の海中(その1)

|   
(2008:08:27 11:19:10, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

油戸では国道50号の北側トンネルを抜けたところで海に入りました。浅瀬にサンバソウやサバ、アジ、そしてミズクラゲが多数見れる海。ここで遭った生き物も白山神社の海と同じ感じでした。海の透明度も高く気持ちよく泳げました。


油戸の北の海中(その1)

|   
(2008:08:27 11:17:44, NIKON D200, F14.0, 1/400, -3, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

油戸では国道50号の北側トンネルを抜けたところで海に入りました。浅瀬にサンバソウやサバ、アジ、そしてミズクラゲが多数見れる海。ここで遭った生き物も白山神社の海と同じ感じでした。海の透明度も高く気持ちよく泳げました。


油戸の北の海中(その1)

|   
(2008:08:27 10:45:37, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

油戸では国道50号の北側トンネルを抜けたところで海に入りました。浅瀬にサンバソウやサバ、アジ、そしてミズクラゲが多数見れる海。ここで遭った生き物も白山神社の海と同じ感じでした。海の透明度も高く気持ちよく泳げました。


由良から油戸へ(その2)

|   
(2008:08:27 10:33:54, NIKON D200, F9.0, 1/320, +2, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道50号のトンネルをくぐるとそこが油戸漁港でした。トンネルは天井のコンクリートがはがれて落下していました。関東でこんなトンネルがあったらそれだけで大問題になりそうです。漁港裏手に綺麗な公衆トイレがあり、その後ろは魚の森になっていました。


由良から油戸へ(その2)

|   
(2008:08:27 10:33:34, NIKON D200, F8.0, 1/250, +1, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

魚の森

 海から立ち上がった水蒸気は、雨となって森を育てます。森に厚く積もった落ち葉はやわらかい土となって水を蓄えます。森から生まれた水は、きれいな地下水となり、川となり、生き物の命を支え、魚を育む豊かできれいな海につながっていきます。
 この「森」、「川」、「海」のつながりを考えるモデル的な森をボランティアの手でつくろうという活動が「魚の森づくり」です。「魚の森づくり」は、平成9年(1997年)から始まりました。森づくりには、山形県漁協女性部、漁業者、加茂水産高校、緑の少年団や市内の各小学校をはじめ、地元住民や一般市民と多岐にわたり、数多くの方々が参加して下刈などの活動をしています。

所在地 鶴岡市油戸字油沢地内

所有者 油戸共有林組合

植栽樹種 クロマツ、カシワ、ケヤキ、エノキ、ハンノキ、イタヤカエデ、アキグミ、イタチハギ、ハマナス、ネムノキ

区域面積 1.59ha

植栽面積 0.75ha

2006年3月 魚の森づくりの会、鶴岡市


由良から油戸へ(その2)

|   
(2008:08:27 10:33:22, NIKON D200, F11.0, 1/500, -1, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道50号のトンネルをくぐるとそこが油戸漁港でした。トンネルは天井のコンクリートがはがれて落下していました。関東でこんなトンネルがあったらそれだけで大問題になりそうです。漁港裏手に綺麗な公衆トイレがあり、その後ろは魚の森になっていました。


由良から油戸へ(その2)

|   
(2008:08:27 10:24:35, NIKON D200, F18.0, 1/1000, -3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道50号のトンネルをくぐるとそこが油戸漁港でした。トンネルは天井のコンクリートがはがれて落下していました。関東でこんなトンネルがあったらそれだけで大問題になりそうです。漁港裏手に綺麗な公衆トイレがあり、その後ろは魚の森になっていました。


由良から油戸へ(その2)

|   
(2008:08:27 10:23:51, NIKON D200, F13.0, 1/640, -4, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道50号のトンネルをくぐるとそこが油戸漁港でした。トンネルは天井のコンクリートがはがれて落下していました。関東でこんなトンネルがあったらそれだけで大問題になりそうです。漁港裏手に綺麗な公衆トイレがあり、その後ろは魚の森になっていました。


由良から油戸へ(その1)

|   
(2008:08:27 10:21:57, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

穏やかな海には先ほど海で出逢ったサザエ採りの漁師が小舟でぷかぷか浮いています。それを見ながら由良を後にして県道50号を北上。油戸漁港方面へと向かいました。途中の海は透明でエメナルドグリーンでまるで沖縄のような海です。


由良から油戸へ(その1)

|   
(2008:08:27 10:14:23, NIKON D200, F7.1, 1/180, +2, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

穏やかな海には先ほど海で出逢ったサザエ採りの漁師が小舟でぷかぷか浮いています。それを見ながら由良を後にして県道50号を北上。油戸漁港方面へと向かいました。途中の海は透明でエメナルドグリーンでまるで沖縄のような海です。


由良から油戸へ(その1)

|   
(2008:08:27 10:09:18, NIKON D200, F11.0, 1/500, +1, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

釣り・磯遊びをする皆さま方へのお願い

 コンクリート造成面は、漁業者が岩のりを摘み採るために造ったもので、毎年掃除をして大事にしています。
 この場所でオキアミ等の「まき餌」をされると、せっかく育った岩のりに臭いが付くことがありますので、「まき餌」を使わないでください。
 きれいな磯場を守るため、残り餌、テグス、空き缶、ビニール等の「ゴミ」は持ち帰りましょう。

山形県・鶴岡市・山形県漁業共同組合


由良から油戸へ(その1)

|   
(2008:08:27 10:01:12, NIKON D200, F14.0, 1/800, -2, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

穏やかな海には先ほど海で出逢ったサザエ採りの漁師が小舟でぷかぷか浮いています。それを見ながら由良を後にして県道50号を北上。油戸漁港方面へと向かいました。途中の海は透明でエメナルドグリーンでまるで沖縄のような海です。


由良から油戸へ(その1)

|   
(2008:08:27 09:59:55, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

穏やかな海には先ほど海で出逢ったサザエ採りの漁師が小舟でぷかぷか浮いています。それを見ながら由良を後にして県道50号を北上。油戸漁港方面へと向かいました。途中の海は透明でエメナルドグリーンでまるで沖縄のような海です。


ランダム画像


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com