2014年4月10日の写真の記事


再び宇治市へとやって来ました。こないだ…

|   
(2014:04:10 09:19:07, NIKON D800, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

再び宇治市へとやって来ました。こないだは淀川と宇治川の合流点から宇治駅でした。今日は宇治駅から琵琶湖までの宇治川沿いを行きます。

歴史街道のまち宇治
平等院 宇治橋通り


川魚専門店がありました。鮎、モロコ、鮒…

|   
(2014:04:10 09:21:57, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

川魚専門店がありました。
鮎、モロコ、鮒、鯉、ウナギあたりに加えて、琵琶湖が近いのでゴリなども扱っているのでしょうか?

川魚専門店
(株)ふな栄
0774-21-2401


再び宇治橋です。

|   
(2014:04:10 09:26:11, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

再び宇治橋です。


宇治橋

|   
(2014:04:10 09:26:20, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 24 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

宇治橋

1200年以上も昔、大化2年(646年)に初めて架けられたと伝えられる、わが国最古級の橋です。
その長い歴史の中で、洪水や地震なアドの被害ももちろん、戦乱に巻き込まれたことも数えきれません。しかし橋はその都度直されてきました。ここ宇治が交通の重要な場所であり続けたことのあらわれでしょうか。
またこの橋は古今和歌集や源氏物語をはじめとする文学作品、絵画や工芸品といった美術作品に描かれるなど、古くから景勝の地・宇治の象徴として親しまれてきました。
現在の橋は、長さ155.4メートル、幅25メートル。平成8年に架け替えられたもので、木製の高欄に擬宝珠をあしらえるなど、この橋の豊かな歴史と文化にふさわしいデザインがほどこされました。これからも、宇治の名所のひとつとして優美な姿を川面にうつしていくことでしょう。


宇治橋の高欄と擬宝珠

|   
(2014:04:10 09:26:37, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

宇治橋の高欄と擬宝珠

宇治橋の高欄は、橋の姿が宇治川の自然や橋周辺の歴史的遺産とも調和するように、擬宝珠を冠した木製高欄という伝統的な形状を採用しました。なかでも歴史を表徴するうえで材質が重要であることから、強度の高い良質のヒノキを使用しています。
擬宝珠は、もともと塔頂などを飾る宝珠から派生し、装飾を目的としたものですが、高欄の柱を腐食から守る役割も果たしています。一般的には格式の高い橋のみにあったようです。今回の改築では、現存する最古の寛永13年(1636年)の刻印のある擬宝珠の形状と大きさに合わせています。なお、宇治橋の擬宝珠が確認できる最古の作品は、鎌倉時代後期に描かれた「石山寺縁起」です。


まだまだ桜は残っていますが、宇治川の中…

|   
(2014:04:10 09:34:16, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

まだまだ桜は残っていますが、宇治川の中須川はかなり散っていました。


中洲には浮島十三重石塔が。

|   
(2014:04:10 09:39:26, NIKON D800, F8.0, 1/250, +1/2, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

中洲には浮島十三重石塔が。


中洲側を振り返り。ここから上流側は観光…

|   
(2014:04:10 09:56:46, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

中洲側を振り返り。ここから上流側は観光地ではないので寂れた田舎道になります。


上流域の川らしくなってきてはいます琵琶…

|   
(2014:04:10 10:02:43, NIKON D800, F8.0, 1/400, -1, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

上流域の川らしくなってきてはいます琵琶湖の下流だけあって水は微妙。


蛍合戦由来記

|   
(2014:04:10 10:03:49, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:110, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

蛍合戦由来記

宇治川の蛍は、古くから世に知られた、夏の風物詩でああった。高く低く川面に映える無数の蛍火は、蛍ヶ渕と名付けられたこのあたりを中心にして、幻想的な光の渦を描き出していた。とりわけ毎年旧暦5月26日の夜は、平家打倒の夢も空しく、治承4年(1180年)のこの日に、平等院の境内で無念の最後を遂げた、源三位入道頼政と同士の武者たちの亡魂が、蛍と化して挑み合うと伝えられ、宇治の蛍合戦とさえ呼ばれて、多くの遊客を集めていた。源氏蛍の名を得た所以もまたここにあるという。

往時を偲び、記念碑を建立する
平成11年11月11日建之


蛍塚の石碑を発見。「ゲンジボタル」とい…

|   
(2014:04:10 10:03:57, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:180, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

蛍塚の石碑を発見。「ゲンジボタル」という蛍の名前はここが由来だということです。これはちょっと蛍の時期に来てみたくなりました。


天ヶ瀬吊橋のすつ近くにトイレを発見。

|   
(2014:04:10 10:11:47, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:160, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

天ヶ瀬吊橋のすつ近くにトイレを発見。


天ヶ瀬吊橋

|   
(2014:04:10 10:11:52, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:280, 24 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

天ヶ瀬吊橋

天ヶ瀬吊橋は、昭和17年4月に架けられました。このあたりの渓谷は、宇治川ラインと呼ばれ、桜と紅葉の名所として有名です。
天ヶ瀬は、古くは「甘樫ノ浜」といわれ、宇治田原から搬出される薪をいかあだに組んで田原川に流し、このあたりから船で伏見や大阪へ運んだといわれています。
ここより約500メートル上流にはああ天ヶ瀬ダムがあり、その東側にはバードウォッチングや森林浴が楽しめる天ヶ瀬森林公園があります。


車の通れない吊り橋というと貧弱なイメー…

|   
(2014:04:10 10:13:43, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:100, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

車の通れない吊り橋というと貧弱なイメージですが、天ヶ瀬吊橋は木製の頑丈なもの。


今回は渡る必要ないので橋の途中まで。

|   
(2014:04:10 10:14:04, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:110, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

今回は渡る必要ないので橋の途中まで。


天ヶ瀬吊橋から下流側。

|   
(2014:04:10 10:14:27, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:110, 17 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

天ヶ瀬吊橋から下流側。


地味な色なのでどうしても背景に溶け込ん…

|   
(2014:04:10 10:15:09, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:140, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

地味な色なのでどうしても背景に溶け込んでしまいます。


天ヶ瀬吊橋のすぐ横の公園では道路に車を…

|   
(2014:04:10 10:17:45, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:125, 24 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

天ヶ瀬吊橋のすぐ横の公園では道路に車を停めて釣りをしている人たちが。設備的に毎日のように釣りをしてそうです。


ニュージェック水理実験場

|   
(2014:04:10 10:21:08, NIKON D800, F8.0, 1/400, -1, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

天ヶ瀬ダムのすぐ下流に赤レンガ造りの廃墟のような建物を発見。
別に廃墟というわけではなくニュージェック水理実験場とのこと。その昔には宇治川電気志津川発電所だったそうです。現在の発電設備(変電施設)が右側に見えますがその役を担っていたのでしょうか?


誰かが苔をむしった跡がありました。最近…

|   
(2014:04:10 10:29:18, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:220, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

誰かが苔をむしった跡がありました。最近こういうのを見かけるのが非常に多いです。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com