水防碑

|   
(2012:04:15 11:22:31, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:160, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

都島区は、これまで幾多の水害に見舞われてきたが、なかでも、明治18年(1885年)の大洪水による被害は大きく、東成郡27カ村が水中に没した。そこで浸水を淀川に戻すため野田村(現在の都島区網島町)の堤防を切り崩し、徐々に放流した。
近年こうした大水害はほとんど見られなくなったが、このような平時において、なお一層人々が水防意識を高め、普段の努力で災害を防除することを念願して、この碑を建立する。

昭和55年秋
大阪市





前の画像次の画像

ランダム画像


アクセス順位

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com