・・・・・甘かったです。考えてみれば当…

|   
(2016:06:23 22:51:22, NIKON D810, F8.0, 477, ISO:3200, 20mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, ☆, 撮影地, 潮位)

・・・・・甘かったです。
考えてみれば当然のことですが、日没時刻に近づくにつれカメラを持った人がわんさかとやって来ました。

シイノトモシビタケが発生しているのは小さなシマサルスベリの1本だけ。ここに10人以上が群がったら、
「今シャッター切ってる人います?(ピント合わせのために)ライトつけていいですか?」みたいなやり取りがずっと繰り広げられ、人が動いたときや構図変えるときなどにカメラを揺らされ三脚ブレが起き、撮影画像チェックの光が写真に被りなどなど、最悪な雰囲気下での撮影になるのは想像に難くありません(実際はどうか知りません)。

ということで日没直前に三脚を撤去して退避。人が掃けるのを待つことに・・・結局ここに着いてから6時間待機。22時半になってようやくシャッターを切れました。
ネット上にはピンポイントで「ここにシイノトモシビタケがある!」という情報がありません。場所をみんな隠すのは盗掘による荒らし対策かと考えていたのですが、実際に来てみてこの撮影しにくさがその根底にあるのかな、とちょっと納得。

ちなみに車道(再度山ドライブウェイ)は23時閉鎖なので車で来るなら撮影はどうしても22時ぐらいまでになります。





前の画像次の画像

ランダム画像


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com