山家夜雨

|   
(2017:07:23 13:30:45, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:400, 61mm, FE 24-70mm F2.8 GM(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201707西の鯖街道  

四ツ谷八景
山家夜雨

ここ東谷、殿谷垣内の山の手に、蟄居隠遁中の三条賽雅卿の仮寓三条屋敷があったと伝えられ、今も泉水、いとや跡が残っている。だから殿谷と名付けられた。現在も、この土地の実が岡安神社の所有地で、植林が進んでいる。しとしとと降る雨に、ひっそりと暮らす三条卿の不遇時代の心境がしのばれる。
三条賽雅卿は、村人と相和し岡安神社を建立、翌年康安寺を開基するなど、郷土四ツ谷の開発に寄与した。そして数年後にゆるされて帰郷、参議として復官することを得たのである。





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com