芥川「ムギツク托卵の里」

|   
(2018:06:02 13:13:18, SONY α7R II, F8.0, 1/250, ISO:100, 26mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 31.7℃, 1014.1hPa, 27%)

芥川「ムギツク托卵の里」
芥川の魚たちを探してみよう

ここは芥川上流間伐材で作った木工沈床と自然石で魚の住処を作っています。
ここが他の魚の巣を利用するムギツクが住み着いてくれるような豊かな生態系を持った場所となることを期待して「ムギツク托卵の里」と名付けました。

ムギツク
コイ科の遊泳魚で岩や流木などの多い底層付近に生息。
体に1本の黒い縦条が特徴。繁殖期は春~夏でこの時期、ドンコやギギ、ヌマチチブの巣に托卵する。
雑食性でエサを食べるときに「コツコツ」と「麦をつく」ときのような音を出す。全長15cm。
大阪府の絶滅危惧II類に指定されている。

ドンコ
淡水にすむハゼの仲間。
芥川に住むハゼでは最も大きくなる。
肉食性でエサを食べるとき以外は「鈍子」と呼ばれるように動きは鈍い底生魚。夜行性で昼間は岩や物陰に隠れる。繁殖期は春~夏で、この時期のオスは「グーグー」と鳴く。全長は最大20cm。大阪府の要注目種に指定されている。


あぶないので魚みちに入ったり、登ったり絶対にしないでください。
実験をしていますので、魚みちの魚をとらないでください。
魚みちの中の石はみんなで考えて置きました。動かしたりしないでください。

市民の知恵でつくられた魚みちです。
実験中


芥川倶楽部

事務局

大阪府茨木土木事務所 総務企画課 企画G
TEL 072-627-1121
FAX 072-625-8060

高槻市市長公室総合政策室
TEL 072-674-7393
FAX 072-674-7384





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com