蓬莱峡

|   
(2018:07:17 16:25:19, SONY α7R II, F11.0, 1/125, ISO:640, 25mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 33.1℃, 983.7hPa, 67%)

蓬莱峡

太多田川の白い砂の河原にそそりたつ大小の奇峰が、山ひだ不覚切れ込み、その頂に松が自生する風景は南画の世界です。韓国の蓬莱山からその名をもらったという蓬莱峡は、長い年月をかけて風化した花崗岩に、造化の神がさらに手を加えた心憎いばかりの芸術品といえましょう。また宝塚から生瀬を過ぎ、川沿いに船坂から有馬の湯に向かうこの道、有馬街道の入口近く座頭谷の砂防ダム群のおりなす風景も得難い風情です。





前の画像次の画像

ランダム画像


アクセス順位

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com