• 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

化石だらけの恋の浦海岸(その1)

|
(2008:07:17 14:34:23, NIKON D200, F13.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC7143.jpg _DSC7146.jpg _DSC7149.jpg _DSC7152.jpg _DSC7154.jpg _DSC7157.jpg

恋の浦海岸に来ました。車道から50メートルほど海岸を歩くと化石だらけのエリアになります。ここにあるのは木の化石。歩いては行けないこの先にはさらに魚介の化石があるそうです。見てみたかったなぁ。



福岡県指定天然記念物

恋の浦海岸

 ここから潮の引いた海岸におりて歩くと、崖面に直径20~30cmくらいの黒色~灰白色の木の化石がみられます。この木の化石(珪化木:けいかぼく)とは幹などが地中に埋もれて組織が珪酸化したものです。
 ここの珪化木は、ブナ、クリ、カエデ、サクラ、スズカケノキなどが山火事か火砕流で焼かれた後、土石流によって運ばれ、堆積してできたものです。
 この半島北端の海水堆積層には、二枚貝や巻き貝、ウニやサメの歯の化石が分布しています。ただし、半島北端へは道がないので見学はできません。

化石は天然記念物に指定されていますので、勝手にとった人は罰せられます。



前後の画像

前の画像 次の画像

カテゴリ