六角塔

|   
(2011:06:24 15:29:20, NIKON D300, F8.0, 1/60, 0, ISO:500, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

六角塔

昭和56年9月1日
山田町指定文化財

 宝暦5年は、かつてない冷害であった。鞭牛は橋野村の林宗六世住職を引退、船越半島の突端、秀全修行の地大網に赴き宇宙の諸仏に天候回復を願った。その後山田の作造鼻で、餓死者が横たわっている地獄の惨状を見、遺体を埋葬供養し、9月大沢袴田の地に「南無阿弥陀仏碑」を建立。さらに10月荒川の奥、穴乳洞窟に、「母子観音像碑」を建立した。この年は、南部領内だけで6万人に及ぶ餓死者が出る事態となった。
 宝暦6年1月には、長沢(宮古市)の修行洞窟において千歌を完成、

読みおくぞ かたみとなれや 歌ごころ
 われはいづくの 土となるらん

と結び、道開削の決意をあらわした。
 この頃鞭牛は長沢の13仏霊場を再興、御仏像を建立し、ここでも餓死者供養を行っている。
 宝暦8年3月から、腹帯の難所の開削をはじめ、次々と閉伊街道の難所の開削を手がけた。
 宝暦12年、閉伊街道開削完成の一区切りとして、ここ袴田に記念すべき道橋普請供養塔を建立した。これが六角塔である。この地はかつて餓死者を供養した地であり、道開削に生涯をかける決意をした意味深い地である。また山田地方には鞭牛を崇拝する多くの人々がいて、その活動を支援した。
 その後も鞭牛は織笠、船越など浜街道の難所を開削、天明元年2月には吉里吉里において道の改修を師の大到見牛と行った。そして翌年9月、橋野村において73歳で往生された。
 鞭牛は、南部藩が生んだ史上最大の道開削者であり、その功績から、陸奥の聖僧と言われている。

平成15年3月25日
山田町教育委員会





前の画像次の画像

ランダム画像


アクセス順位

  1. 日本沿岸旅行記
  2. 箕面春日神社のヒメボタル
  3. 201005豊中のヒメボタル
  4. 豊中市春日町のヒメボタル
  5. シイノトモシビタケ
  6. 豊中市春日町のヒメボタル
  7. ヒメボタル
  8. 弁当を食べた後のゴミのことを弁当ガラっ…
  9. ヒメボタルが自然発生できるよう、わたし…
  10. 今年3回目の箕面春日神社です。今回は石…
  11. 豊中市の池
  12. 桂川河川敷公園
  13. 西谷つり大池
  14. 箕面春日神社のヒメボタル
  15. 豊中市春日町のヒメボタル
  16. 高梁川河口で潮干狩り
  17. 747ProのWindows10/8.1/8対応ドライバー
  18. 敦賀国際スキー場
  19. 琵琶湖ロイヤルホテルの場所だと思うので…
  20. 保津峡ハイキングコース
  21. 制服
  22. 瓦礫の中に制服のスカートが埋まっていま…
  23. 猫練乳&白月
  24. 遭難する人はきっとこうやって沢沿いを進…
  25. 鵜飼大橋のバーベキューエリア。
  26. 2015年のヒメボタル
  27. docomo 高ボッチ無線中継所
  28. まひる
  29. ゴーストタウン
  30. ヒメボタル
  31. ラベンダービーチ
  32. 化石だらけの恋の浦海岸(その1)
  33. 夜景/星空写真
  34. 廃店に方向を示す碑がありました。右水門…
  35. 津屋崎港の製氷施設
  36. 蛍撮影日和
  37. 遠矢浜
  38. 201508豊中市の池
  39. ポーアイしおさい公園は釣り禁止
  40. 今は使われていない廃プールがありました…
  41. 勝尾寺園地
  42. 学習の森
  43. 真栄田漁港
  44. 201606岡山県笠岡市
  45. 成ヶ島
  46. 揖斐川でのシジミ採り
  47. 水場。
  48. 茅葺き屋根をトタン張りに変えている家は…
  49. アナジャコ
  50. コスプレ

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com