リアルタイム投稿の記事


旅行の途中に携帯電話で撮影した写真をその場で投稿しています。

吉野川河口

|   
(2009:09:20 12:28:55, SONY SO905i , , 撮影地, 潮位)

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

四国に渡り徳島は吉野川の河口部へやって来ました。干潟が現れていてカニがたくさん。シジミ捕りをしている人もたくさんのいました。



カメラいっぱい

|   
(2009:09:20 08:12:52, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

デジカメが一杯です。知らないうちにD700があってビックリ。欲しいなぁ



由良の夜明け

|   
(2009:09:20 05:42:06, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

由良港で夜明けを迎えました。日の出前から釣り人や漁師が集まり賑やかに。
港内ではアジやイワシ、コノシロなどが釣れていました。
今日からちょっとの間、荷物は由良に放置して遠路遥々来た友達と合流です。



何の糞だろう?

|   
(2009:09:19 17:50:39, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

由良の内田神社の裏手で見つけた動物の糞です。鹿の糞なのかな?だとするとこんな人里に現れるの?!気になる糞でした。



厚浜から南下

|   
(2009:09:19 10:34:40, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

厚浜海水浴場付近は砂浜で見た感じ生き物が少なそうだったのでスルー。南下して水の大師停留所前で泳ぎました。
コロダイの幼魚かな?が多く、コブダイの幼魚も見れました。ほかにはマダコ、ホンベラ、キュウセン、メバルなどなど。
さすが連休初日。国道28号を南下するチャリや二輪が多いです。



生穂港の干潟

|   
(2009:09:18 12:15:49, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

大潮の昼間ということもあり、港にそそぐ河口に干潟が現れていました。
沢山のウミニナ、砂団子をせっせと作っては足で後ろへ転がすコメツブガニなどいました。



水没

|   
(2009:09:18 10:27:21, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

今朝は曇りです。風もあり涼しい天気。津名の北側で泳いでみました。ホンベラやキュウセンの多い海で、アミメハギやカワハギ、メバルなどいつもの顔ぶればかり。
海から上がったらGPSを入れてたケースから大量の海水が!水没して壊れました。朝からの最悪。
真水で洗っておいたけど、復活しなければここまでの位置情報が水の泡、、、



魚、魚、魚

|   
(2009:09:17 08:32:10, SONY SO905i , , 撮影地, 潮位)

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

淡路夢舞台前の翼港に来ました。水面に無数のアジが沸いてます。サヨリの泳いでる姿も見えます。チヌやエビクラゲもいます。陸上から見てるのも何なのでこれから泳いで来ます。



たった5台?!

|   
(2009:09:16 13:47:15, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

降りるときにタコフェリーに乗ってた車を数えてビックリ。五台だけでした。これはすさまじく赤字。



タコフェリーで淡路島へ

|   
(2009:09:16 13:35:39, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

明石港からタコフェリーに乗って淡路島へ渡っています。今日からしばらく淡路島旅行♪



高ボッチ高原

|   
(2009:08:23 05:51:19, SONY SO905i , )
カテゴリ: リアルタイム投稿   200908長野  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

木曽川から車で一気に長野県塩尻市は高ボッチ高原へやって来ました。まだ8月なのに気温は車の怪しい温度計で18度。非常に寒いです。
しかし風景は綺麗で乗鞍岳をはじめ、穂高連峰や槍ヶ岳などそうそうたる山々を見れます。
昨夜は少し雲があったものの松本市街の夜景や無数の星を見ることができました。

ただここはDoCoMoがほぼ圏外。それが残念なところ、、、auは入ります



カニは産卵の模様@木曽川

|   
(2009:08:22 19:17:13, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岸辺に大量にいるカニを見たらタマゴを抱えてるのもいました。どうやら産卵期のようです。ぶるぶるする放卵シーン見れないかなぁ



木曽川へ

|   
(2009:08:22 18:18:59, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

長良川から国道1号を歩いて木曽川に来ました。ちょうど夕暮れの満潮時刻。岸にわさわさと生えるヨシも根元は完全に水中へ没しています。
岸辺にはカニが異様に多く歩き、まるでアカテガニの産卵時を連想する光景です。何てカニなんだろう?



長良川河口堰

|   
(2009:08:22 14:23:33, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

徒歩での横断に15分もかかる巨大な可動式の堰、長良川河口堰に来ました。とにかく大きいです。堰のせいで魚が遡上できなくなる問題を軽減するための魚道ですら普通の小川サイズです。
長良川河口堰は洪水や高潮などの災害対策および海水(塩水)の遡上を防ぐために作られたそうです。この堰が作られたため、その上流側では潮の満ち引きがなくなり、かなりの生き物が影響を受けています。ニュースでも環境問題として取り上げられた過去があります。
そのためか、随所に工夫が見られます。堰の表面に突起を設け、流れ落ちる水に空気を多く含ませる。右岸と左岸に三種類多数の魚道を設け、魚などの遡上を助ける。特に左岸の魚道には観察用の窓を用意。誰でも遡上中の魚を探せるようになっています。
長良川河口堰の見学は伊勢大橋中央の右岸からも行けますが、右岸からは非常に不便。
駐車場や無料のレンタサイクルもある左岸のアクアぷらざ側からがお勧めです。



放棄されたジョウゴ

|   
(2009:08:22 13:53:08, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

揖斐川・長良川の河口部に広がる干潟には多くのシジミが生息しています。干潟の表面には無数の貝殻があり、少し掘ると生きたシジミの姿を見れます。
今日も揖斐川の長島側を中心に多くの人がシジミ狩りに訪れています。
シジミやアサリといった貝類を捕るときに大活躍するのがジョウゴ。柄の先に金属製のカゴが着いた道具です。
カゴで泥を掬って水中で濾すと小石や小さな貝などが落ちて、手頃なサイズの貝がカゴの中に残るという仕組みのものです。
そのジョウゴのカゴ部分が放棄されていました。



揖斐川・長良川

|   
(2009:08:22 13:46:14, SONY SO905i , )

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

名古屋から少し大阪側、桑名駅から歩いて少しの場所に流れる揖斐川・長良川の河口部に来ました。
海に近いということもあり、潮が引いて干潟が現れています。ここはカニを始めとした生き物が多く、 コメツブガニの一種が、干潟の泥に含まれる有機物を食べながら泥ダンゴを作るシーンなどを見れます。



ランダム画像


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com