南天満公園の桜の記事


天満橋と天神橋の間の大川右岸に広がる南…

|   
(2012:04:15 11:41:02, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:280, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

天満橋と天神橋の間の大川右岸に広がる南天満公園を行きます。


将棊島粗朶水制跡

|   
(2012:04:15 11:41:08, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:400, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

将棊島粗朶水制跡

淀川の治水のため、明治7年(1874年)オランダ人技術者の指導により将棊島西端に3本の粗朶による水制が設けられた。この方法は水害の抑制に効果をあげ、近代的な河川工事のモデルとなった。


将棊島粗朶水制跡

|   
(2012:04:15 11:41:13, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:500, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

将棊島粗朶水制跡

将棊島は、淀川の水が寝屋川・鯰江川に逆流して水害を引き起こすのを防ぐために、3つの河川の合流点の網島から天満橋を越えて236間(約430メートル)余り下流まで築かれた隔流堤で、幅7間(約13メートル)あった。
淀川治水のため、明治6年(1873年)に来日したオランダ人技術者デ・レーケ、エッシェル、ティッセンの3人は、その翌年、将棊島地先にオランダ式粗朶沈床による水制工を実施した。これは木の枝を束ね、組み合わせたものに石を詰め、河岸から河の中央に向かって設置された突起物で、水の勢いを弱め、護岸に効果があった。この工法はケレップ水制とも呼ばれ、現在でも城北公園(旭区)北側の淀川左岸にそのなごりを留める。デ・レーケは来日してから29年間、大阪にとどまり、淀川の地スイと大阪港の建設に尽力した。

大阪市教育委員会


南天満公園は入口は狭かったものの、中に…

|   
(2012:04:15 11:42:44, NIKON D800, F10.0, 1/200, ISO:100, 35mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園は入口は狭かったものの、中に入ると広々としていました。ベンチも所々に。


地面が桜の花びらでピンク色に染まってい…

|   
(2012:04:15 11:46:16, NIKON D800, F10.0, 1/200, ISO:180, 17mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

地面が桜の花びらでピンク色に染まっていました。


南天満公園はバーベキューOKなようで、…

|   
(2012:04:15 11:48:30, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:140, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園はバーベキューOKなようで、数グループがやっていました。
巨大なタイラギ、アワビ、サザエ、ホタテ、鯛、海老、鮭、巨大なカニ足、そして大量の肉、肉、肉。かなり豪華なバーベキューをしているところも。


こちらは花見麻雀。

|   
(2012:04:15 11:49:00, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:180, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

こちらは花見麻雀。


天神橋から見た桜

|   
(2012:04:15 11:56:37, NIKON D800, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園にたくさん桜が咲いているのがみえます。


中之島公園自体には桜はほとんどありませ…

|   
(2012:04:15 11:59:06, NIKON D800, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

中之島公園自体には桜はほとんどありませんでした。その代わり対岸の南天満公園の桜がよく見えます。そのため芝生に座って対岸の花見をしている人が多くいました。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com