の記事


対岸にも桜がいっぱい。

|   
(2012:04:15 11:32:38, NIKON D800, F10.0, 1/200, ISO:140, 35mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

対岸にも桜がいっぱい。


対岸の造幣局側の方が人も少なく、桜もい…

|   
(2012:04:15 11:33:25, NIKON D800, F10.0, 1/200, ISO:160, 35mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

対岸の造幣局側の方が人も少なく、桜もいっぱいでよかったかも?今度は両岸歩いてみようかな?


天満橋 橋名飾板

|   
(2012:04:15 11:38:31, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:140, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

天満橋の脇に昔の天満橋に使われていた橋名飾板が残されていました。


天満橋 橋名飾板

|   
(2012:04:15 11:38:38, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:125, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

天満橋 橋名飾板

天満橋が初めて架けられたのは豊臣時代といわれている。明治18年の淀川大洪水で流失するまで幾度となく架けかえられたが、すべて木橋であった。
この橋名飾板は、その後の明治21年、ドイツから輸入して架けられた鉄橋の橋門上に設置されていたもので、鋳鉄でつくられている。

昭和62年5月
大阪市


天満橋 橋名飾板

|   
(2012:04:15 11:38:52, NIKON D800, F10.0, 1/200, +1/3, ISO:560, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

橋をドイツから輸入ってすごいです。その時代は日本の技術ではこういう鉄橋はつくれなかったのかな?


天満橋と天神橋の間の大川右岸に広がる南…

|   
(2012:04:15 11:41:02, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:280, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

天満橋と天神橋の間の大川右岸に広がる南天満公園を行きます。


将棊島粗朶水制跡

|   
(2012:04:15 11:41:08, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:400, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

将棊島粗朶水制跡

淀川の治水のため、明治7年(1874年)オランダ人技術者の指導により将棊島西端に3本の粗朶による水制が設けられた。この方法は水害の抑制に効果をあげ、近代的な河川工事のモデルとなった。


将棊島粗朶水制跡

|   
(2012:04:15 11:41:13, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:500, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

将棊島粗朶水制跡

将棊島は、淀川の水が寝屋川・鯰江川に逆流して水害を引き起こすのを防ぐために、3つの河川の合流点の網島から天満橋を越えて236間(約430メートル)余り下流まで築かれた隔流堤で、幅7間(約13メートル)あった。
淀川治水のため、明治6年(1873年)に来日したオランダ人技術者デ・レーケ、エッシェル、ティッセンの3人は、その翌年、将棊島地先にオランダ式粗朶沈床による水制工を実施した。これは木の枝を束ね、組み合わせたものに石を詰め、河岸から河の中央に向かって設置された突起物で、水の勢いを弱め、護岸に効果があった。この工法はケレップ水制とも呼ばれ、現在でも城北公園(旭区)北側の淀川左岸にそのなごりを留める。デ・レーケは来日してから29年間、大阪にとどまり、淀川の地スイと大阪港の建設に尽力した。

大阪市教育委員会


南天満公園は入口は狭かったものの、中に…

|   
(2012:04:15 11:42:44, NIKON D800, F10.0, 1/200, ISO:100, 35mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園は入口は狭かったものの、中に入ると広々としていました。ベンチも所々に。


地面が桜の花びらでピンク色に染まってい…

|   
(2012:04:15 11:46:16, NIKON D800, F10.0, 1/200, ISO:180, 17mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

地面が桜の花びらでピンク色に染まっていました。


南天満公園はバーベキューOKなようで、…

|   
(2012:04:15 11:48:30, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:140, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園はバーベキューOKなようで、数グループがやっていました。
巨大なタイラギ、アワビ、サザエ、ホタテ、鯛、海老、鮭、巨大なカニ足、そして大量の肉、肉、肉。かなり豪華なバーベキューをしているところも。


こちらは花見麻雀。

|   
(2012:04:15 11:49:00, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:180, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

こちらは花見麻雀。


南天満公園のすぐ横ではPOP作りなどが…

|   
(2012:04:15 11:55:23, NIKON D800, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園のすぐ横ではPOP作りなどが行われていました。17日から行われる造幣局の桜の通り抜けでの屋台用なのかな?


天神橋から見た桜

|   
(2012:04:15 11:56:37, NIKON D800, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

南天満公園にたくさん桜が咲いているのがみえます。


中之島公園自体には桜はほとんどありませ…

|   
(2012:04:15 11:59:06, NIKON D800, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

中之島公園自体には桜はほとんどありませんでした。その代わり対岸の南天満公園の桜がよく見えます。そのため芝生に座って対岸の花見をしている人が多くいました。


帆(ふね)

|   
(2012:04:15 12:00:20, NIKON D800, F10.0, 1/320, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

中之島の一番端にガラス製の噴水モニュメントがありました。


大阪市立博物館の横には小さな桜並木もあ…

|   
(2012:04:15 12:41:17, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:140, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

大阪市立博物館の横には小さな桜並木もありました。


公園の一角に少し桜がありました。

|   
(2012:04:15 12:53:35, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

公園の一角に少し桜がありました。


こちらが中之島西公園の西側。桜の花びら…

|   
(2012:04:15 12:56:38, NIKON D800, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

こちらが中之島西公園の西側。桜の花びらが散らばった広場で4グループ+αがお花見をしていました。


野田緑道へ

|   
(2012:04:15 13:15:31, NIKON D800, F10.0, 1/200, 0, ISO:250, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 大阪湾  

ピンク色に染まった緑道が見えたので少し川沿いから離れて行ってみることにしました。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com