• 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

11月の記事


本州最南端の釣り人

|   
(2009:11:22 08:11:55, NIKON D300, F7.1, 1/200, 0, ISO:500, 300 mm(換算450 mm), Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬沖にはたくさんの小島があります。ここは黒潮が接岸したりしなかったりするような場所なので好釣り場。何を狙っているのかは知りませんが、たくさんの釣り人が渡船で来ていました。ラストの写真の人はちょっと波が荒れたら逃げ場なくて危ないんじゃない?と思うのは私だけでしょうか。


本州最南端からの遠景

|   
(2009:11:22 08:12:46, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:500, 300 mm(換算450 mm), Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

本州最南端の潮岬は遠くまで見える場所がたくさんありました。運がよければイルカやクジラが見えるかもしれませんが、運の悪い私には見つけれませんでした。


本州最南端に到着

|   
(2009:11:22 08:14:18, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:500, 16 mm(換算24 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

本州最南端に到着です。下村記念館が営業していました。下村さんが何をやった人かは不明です。実際の「最南端」はまだ先ですが、とりあえずここが本州最南端のトイレや売店であることは確かです。


望楼の芝から海岸へ

|   
(2009:11:22 08:14:44, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この先道なし
危険
潮岬財産区


望遠鏡の残骸

|   
(2009:11:22 08:16:32, NIKON D300, F6.3, 1/160, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

下村記念館の展望台の下に望遠鏡の残骸が転がっていました。昔は観光客が覗けるように設置されていたのでしょう。こんな場所ですから腐食も速くて維持管理が大変。でも双眼鏡などの設置がないのはちょっと残念です。


望遠鏡の残骸

|   
(2009:11:22 08:16:44, NIKON D300, F4.5, 1/60, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

下村記念館の展望台の下に望遠鏡の残骸が転がっていました。昔は観光客が覗けるように設置されていたのでしょう。こんな場所ですから腐食も速くて維持管理が大変。でも双眼鏡などの設置がないのはちょっと残念です。


望遠鏡の残骸

|   
(2009:11:22 08:16:58, NIKON D300, F5.6, 1/125, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

下村記念館の展望台の下に望遠鏡の残骸が転がっていました。昔は観光客が覗けるように設置されていたのでしょう。こんな場所ですから腐食も速くて維持管理が大変。でも双眼鏡などの設置がないのはちょっと残念です。


潮岬の望楼の芝焼き

|   
(2009:11:22 08:17:55, NIKON D300, F7.1, 1/200, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬望楼の芝焼き

 吉野熊野国立公園内に位置するこの場所には、昔、海軍の望楼(物見櫓)があったことから「望楼の芝」と呼ばれています。
 枯れた芝を焼き払い、害虫駆除とともに新芽発育を促すことを目的として昔から行われていた芝焼きは、現在では「本州最南端の火祭り」として毎年1月最終土曜日の寄るに開催されています。目の前に広がる10万平方メートルの炎の大パノラマは、周囲に咲く水仙と共に紀南に春を告げる一大イベントとなっています。


潮岬の望楼の芝焼き

|   
(2009:11:22 08:18:12, NIKON D300, F7.1, 1/200, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

ここでは毎年1月の最終土曜日に芝焼きが行われているそうです。きっと観光客一杯来るし寒いのでしょうが、ちょっと見てみたい気もします。


顕彰碑

|   
(2009:11:22 08:18:33, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

オーストラリアへ真珠産業などのために行った人の偉業を讃えた顕彰碑がありました。潜水での仕事に従事していたということはかなり事故があったかもしれません。


顕彰碑

|   
(2009:11:22 08:18:46, NIKON D300, F6.3, 1/160, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

碑文

 この顕彰碑はオーストラリア海域において真珠貝等の採取に従事し、不幸にも亡くなられた串本町出身者等の御霊を慰めるとともに当海域における真珠産業の振興発展に寄与された先人達の偉業を顕彰し、その功績を末長く後世に伝えるため建立するものである。
 日本人は1878年から1941年まで、北部オーストラリアの産業であった真珠貝、高瀬貝、ナマコの採取漁具に雇われ、島の人々とともに活躍し、漁場の発見、漁法の改良を通して、この漁業を基幹産業とする等地域の発展に貢献した。
 この碑は、日本人移民渡航100年を記念して木曜島に慰霊塔が建立されたことを受け当地から遥かオーストラリア海域を眺望できるこの地に串本町の補助金をうけ、串本町長を会長とした顕彰碑建立発起人会を結成して建立したものである。

1998年9月吉日

顕彰碑建立発起人会


潮岬の花々(その1)

|   
(2009:11:22 08:27:03, NIKON D300, F8.0, 1/250, -4/3, ISO:500, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬の望楼の芝や海岸沿いにはこの時期にも関わらず、ツリガネニンジン系の花、アザミ、スイセン、ニラ、、、たくさんの植物を見れました。


潮岬キャンプ場

|   
(2009:11:22 08:28:44, NIKON D300, F5.6, 1/125, 0, ISO:500, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

望楼の芝の端はキャンプ場になっていました。寒い時期ですがいくつかテントもあり泊まっているようです。芝もあり水捌けが悪そうな場所なので雨が降ったらビチャビチャしてやばいかもしれません。


潮岬キャンプ場

|   
(2009:11:22 08:28:51, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

望楼の芝の端はキャンプ場になっていました。寒い時期ですがいくつかテントもあり泊まっているようです。芝もあり水捌けが悪そうな場所なので雨が降ったらビチャビチャしてやばいかもしれません。


潮岬キャンプ場

|   
(2009:11:22 08:29:22, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

望楼の芝の端はキャンプ場になっていました。寒い時期ですがいくつかテントもあり泊まっているようです。芝もあり水捌けが悪そうな場所なので雨が降ったらビチャビチャしてやばいかもしれません。


崩れたベンチ

|   
(2009:11:22 08:32:50, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

望楼の芝には数カ所ベンチがありました。丸い木材を垂直に敷き詰めて作られていますが、、、それが完全に崩れているのもありました。こういう場所にこういうデザインだときちんと固定しないと崩れることは想像つくと思うのに、対策していなかったのかな?


望楼の芝から海岸へ

|   
(2009:11:22 08:35:11, NIKON D300, F7.1, 1/200, -1/3, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬の望楼の芝から海岸へ何箇所か降りて海へ出れるようになっていました。


望楼の芝から海岸へ

|   
(2009:11:22 08:35:30, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬の望楼の芝から海岸へ何箇所か降りて海へ出れるようになっていました。


本州最南端の釣り人

|   
(2009:11:22 08:36:03, NIKON D300, F8.0, 1/200, -1/3, ISO:500, 300 mm(換算450 mm), Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬沖にはたくさんの小島があります。ここは黒潮が接岸したりしなかったりするような場所なので好釣り場。何を狙っているのかは知りませんが、たくさんの釣り人が渡船で来ていました。ラストの写真の人はちょっと波が荒れたら逃げ場なくて危ないんじゃない?と思うのは私だけでしょうか。


本州最南端の釣り人

|   
(2009:11:22 08:36:39, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:500, 195 mm(換算292 mm), Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6, 撮影地)
カテゴリ: 200911和歌山・三重  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

潮岬沖にはたくさんの小島があります。ここは黒潮が接岸したりしなかったりするような場所なので好釣り場。何を狙っているのかは知りませんが、たくさんの釣り人が渡船で来ていました。ラストの写真の人はちょっと波が荒れたら逃げ場なくて危ないんじゃない?と思うのは私だけでしょうか。


  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com