山頂の記事


登山口から雄鷹台山山頂まで40分ほどで…

|   
(2018:02:14 09:52:23, SONY α7R II, F9.0, 1/320, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

登山口から雄鷹台山山頂まで40分ほどでした。

---
雄鷹台山山頂
253メートル

10合目
海抜253メートル
ふもとから1243メートル


茶臼山の山頂にはベンチがあり赤穂市街方…

|   
(2018:02:14 13:35:52, SONY α7R II, F8.0, 1/1000, ISO:100, 70mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

茶臼山の山頂にはベンチがあり赤穂市街方面を一望。方向的にベンチに座りながら日没も見れるかな?


坂越湾側は下生えがあって海沿いが見にく…

|   
(2018:02:14 13:36:20, SONY α7R II, F8.0, 1/500, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

坂越湾側は下生えがあって海沿いが見にくいの残念。
手前に生島、遠くに家島や西島など。


展望広場からの景色と自然と人の関わり生…

|   
(2018:02:14 13:36:43, SONY α7R II, F8.0, 1/800, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

展望広場からの景色と自然と人の関わり

生島と坂越湾
南に見える坂越湾は、山と生島で囲まれた天然の港で、古くから奥藤家をはじめとする廻船問屋が活躍し栄えました。
麓の大避神社では10月に船祭りがあり、生島の御旅所まで和船の船団が渡る船渡御が行われます。

千種川河口と赤穂市街
西を望むと千種川の河口のデルタの上に栄える赤穂市街が見えます。
千種川が運んだ土砂が河口付近に堆積してデルタ(三角州)が作られました。

山麓の森
麓に目を向ければ尾根のアカマツ林、山麓のコナラーアベマキ林、谷のシイ・カシ林といった多様な植生が見られます。
秋には美しく紅葉するコナラーアベマキ林と、常緑のシイ・カシ林の違いがはっきりとわかります。


茶臼山城跡

|   
(2018:02:14 13:36:51, SONY α7R II, F8.0, 1/250, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

茶臼山城跡
標高166メートルの宝珠山(茶臼山)にある。山名持豊が駐留したといわれているが、詳細はわからない。


手前から生島、釜崎半島、家島、そして尖…

|   
(2018:02:14 13:38:58, SONY α7R II, F8.0, 1/2500, ISO:100, 70mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

手前から生島、釜崎半島、家島、そして尖がった岩が見えるのが男鹿島。その遥か遠くに見えるのは淡路島かな。


唐船山の山頂に到着。雲の隙間から洋上に…

|   
(2018:02:15 08:59:51, SONY α7R II, F8.0, 1/640, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), ☆, 撮影地, 潮位)

唐船山の山頂に到着。雲の隙間から洋上に朝日が差していました。

---
唐船山山頂
標高19メートル

瀬戸内海国立公園
唐船山


サンテレビとNHKの中継をしている山芦…

|   
(2018:03:03 08:51:27, SONY α7R II, F9.0, 1/250, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

サンテレビとNHKの中継をしている山芦屋中継局のある城山山頂に到着。


城山山頂にはベンチが2つ。神戸三宮方面…

|   
(2018:03:03 08:51:42, SONY α7R II, F9.0, 1/400, ISO:100, 41mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

城山山頂にはベンチが2つ。神戸三宮方面を座って眺めれるようになっていました。


芦屋川駅から城山山頂まで休憩時間を入れ…

|   
(2018:03:03 08:51:56, SONY α7R II, F9.0, 1/200, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

芦屋川駅から城山山頂まで休憩時間を入れて45分程度でした。
山頂で立っしょんをしているおっさんがいて気分が悪かったのでぱっぱと写真を撮って先へ。

---
阪急芦屋川駅 45分
荒地山 60分

鷹尾山・荒地山コース


城山山頂から5分とかからずに鷹尾山山頂…

|   
(2018:03:03 08:55:49, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

城山山頂から5分とかからずに鷹尾山山頂272メートルに到着。


登山道脇の岩がゴロゴロした山頂。木々の…

|   
(2018:03:03 08:55:56, SONY α7R II, F8.0, 1/200, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

登山道脇の岩がゴロゴロした山頂。木々の隙間から多少の眺望はありました。


岩場が終わって5分ほどで荒地山の山頂に…

|   
(2018:03:03 09:57:11, SONY α7R II, F8.0, 1/800, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

岩場が終わって5分ほどで荒地山の山頂に到着。
城山ではおっさんでしたが、荒地山ではおばちゃんが野しょんしてるし・・・


荒地山山頂

|   
(2018:03:03 09:57:26, SONY α7R II, F8.0, 1/500, ISO:100, 35mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

荒地山山頂

ここ荒地山の最高地は549メートルで、鷹尾山(城山)の背後にそびえ立つ山塊である。
東は芦屋川の渓谷で、北は黒越谷によって花原盆地に、南は道畦(馬ノ背)の鞍部によって鷹尾山(城山)につづいている。
その名のように全山岩肌を露出した粗粒花崗岩で、風化がひどく登山にもときどき落石があって危険である。
また南に位置する岩梯子という奇怪な洞門は、昔七右衛門と呼ぶ純真な若者が世をすねて酒酔享楽の末、盗みを覚え有馬へ向かう山越えの行商人を襲い続けた。元来荒地の山には石ノ宝殿に祭る権現さまが住んでいて悪事をはたらくものを連れ込むと伝わっていた。七右衛門はこの岩穴で頭をくじかれてたたり死にしたという伝説を生んだところとして名高い。
この洞門を七右衛門嵓という。
平成7年1月17日の阪神・淡路大震災で崩れたため現在の洞門は新七右衛門嵓とよばれている。
東の芦屋川に望んだところにも、弁天岩、フカ切り岩、夫婦岩、扇岩、天狗岩、ナマズ石などの巨岩が散在している。

芦屋市市民生活部経済課
芦屋登山会創立60周年記念
平成21年4月


分岐から5分で七兵衛山の山頂に到着。松…

|   
(2018:03:03 11:00:17, SONY α7R II, F9.0, 1/500, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

分岐から5分で七兵衛山の山頂に到着。
松の隙間から芦屋浜方面が見れました。


岩や丸太を階段状にして座れる狭い七兵衛…

|   
(2018:03:03 11:00:24, SONY α7R II, F9.0, 1/125, ISO:250, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

岩や丸太を階段状にして座れる狭い七兵衛山の山頂には十数人のハイカーが。あまりに人が多くて山頂の様子を撮ろうにも撮れず。プレートを後ろから引いて撮ることもできず。一瞬で退散です。

---
七兵衛山
462メートル


岩がぽつぽつ置かれた打越山山頂481.…

|   
(2018:03:03 11:11:36, SONY α7R II, F9.0, 1/125, ISO:320, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

岩がぽつぽつ置かれた打越山山頂481.6メートル。
眺望はありません。


こうして見ると異様な雰囲気な山頂。ちな…

|   
(2018:03:03 11:13:08, SONY α7R II, F9.0, 1/125, ISO:400, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

こうして見ると異様な雰囲気な山頂。
ちなみに2004年1月19日にここに来たときはこんな岩は配置されていませんでした・・・


電波塔がいっぱい。

|   
(2018:03:12 11:33:39, SONY α7R II, F6.3, 1/800, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

電波塔がいっぱい。


そんな電波塔街の入口が鬼取山の山頂。標…

|   
(2018:03:12 11:34:17, SONY α7R II, F6.3, 1/500, ISO:100, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位)

そんな電波塔街の入口が鬼取山の山頂。標高636.6メートルでした。


ランダム画像


アクセス順位

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com