• 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

山頂の記事


さらに階段を登って登って高取山の長田区…

|   
(2013:05:15 09:17:52, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

さらに階段を登って登って高取山の長田区側山頂に到着です。山頂はこの通り、木に囲まれて見晴らしはゼロです。


階段の脇に「高取山山頂之碑」と書かれた…

|   
(2013:05:15 09:18:52, NIKON D800, F8.0, 1/200, -1, ISO:125, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

階段の脇に「高取山山頂之碑」と書かれた石棒が1本あるだけでした。


菊水山の山頂には巨大な電波塔が2つ、石…

|   
(2013:05:15 13:00:45, NIKON D800, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

菊水山の山頂には巨大な電波塔が2つ、石碑、そして屋根付きの休憩所があります。正面の電波塔の下部は展望台になっています。


振り返るとポートアイランドや三ノ宮が正…

|   
(2013:05:15 13:00:53, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 58 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

振り返るとポートアイランドや三ノ宮が正面に見えました。


休憩所ではおじさんが上着に付いた毛虫落…

|   
(2013:05:15 13:01:15, NIKON D800, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

休憩所ではおじさんが上着に付いた毛虫落とし中。展望台では毎日登山っぽいおばさんたちが談笑中でした。


菊水山の山頂には三等三角点が設置されて…

|   
(2013:05:15 13:01:24, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

菊水山の山頂には三等三角点が設置されていました。六甲全山縦走路は写真の道をフェンスに沿って直進です。


電波塔の下の展望台の屋根は風雨を防げな…

|   
(2013:05:15 13:03:00, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

電波塔の下の展望台の屋根は風雨を防げないタイプでした。


展望台からは文字通り眼下を一望できまし…

|   
(2013:05:15 13:03:15, NIKON D800, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

展望台からは文字通り眼下を一望できました。


菊水山の頂上からは神戸方面から播磨方面…

|   
(2013:05:15 13:04:06, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 32 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

菊水山の頂上からは神戸方面から播磨方面まで一望できます。広く休みやすいのでなかなかいい場所でした。

※クリック画像が巨大です。注意してください。


菊水山の山頂は広く静かでいい場所でした…

|   
(2013:05:15 13:23:30, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

菊水山の山頂は広く静かでいい場所でした。


縦走路沿いのフェンスにプレートが何枚か…

|   
(2013:05:15 13:23:49, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:640, 70 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

縦走路沿いのフェンスにプレートが何枚かありました。中にはアマチュア無線のコールサインが書かれたものも。昔はそこら中で見かけましたのに、今ではほとんど見かけなくなった代表的なものです。

菊水山
459メートル
JN3KWD

2010年10月
菊水山
458.8メートル
山歩倶楽部


菊水山から歩くこと1時間。ようやく鍋蓋…

|   
(2013:05:15 14:34:13, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:220, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

菊水山から歩くこと1時間。ようやく鍋蓋山の山頂に到着しました。


鍋蓋山山頂のは四等三角点でした。

|   
(2013:05:15 14:34:17, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:360, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

鍋蓋山山頂のは四等三角点でした。


鍋蓋山山頂標高486.5メートルトイレ…

|   
(2013:05:15 14:34:26, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:400, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

鍋蓋山山頂
標高486.5メートル
トイレまで1800メートル

再度公園・大竜寺1.8km
市ヶ原2.5km
菊水山1.8km


菊水山と比べると鍋蓋山の山頂は広さも景…

|   
(2013:05:15 14:35:55, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

菊水山と比べると鍋蓋山の山頂は広さも景色の見える視野の広さも負けますが、景色はこちらの勝ちでした。


淡路島、明石海峡大橋、旗振山や東山、菊…

|   
(2013:05:15 14:56:00, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 70 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

淡路島、明石海峡大橋、旗振山や東山、菊水山、三ノ宮やポートアイランドなどなど、神戸から須磨・明石方面が一望出来ました。

※クリック画像が巨大です。注意してください。


ベンチに座ってゆったりと神戸の景色を見…

|   
(2013:05:15 15:03:00, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

ベンチに座ってゆったりと神戸の景色を見れます。夜景を撮るにはちょっと街まで遠いですが、広がりがあるので悪くはなさそうです。


林の中の天狗岩に到着。

|   
(2013:05:15 18:01:06, NIKON D800, F6.3, 1/80, -1/2, ISO:3200, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

林の中の天狗岩に到着。


天狗岩です。ひとつの岩ではなく割れてい…

|   
(2013:05:15 18:01:14, NIKON D800, F6.3, 1/60, -1/2, ISO:3200, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

天狗岩です。ひとつの岩ではなく割れているものなので全然大きいという印象はありません。


石丸猿四彦大神


天狗岩

|   
(2013:05:15 18:01:24, NIKON D800, F6.3, 1/200, -1/2, ISO:3200, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地)
カテゴリ: 201305六甲縦走  

天狗岩

奥之院の北の山頂にあるこの天狗岩という巨石は、広さ8畳ともいわれ、伝説によると摩耶山の僧が山中に出没する天狗を封じ込めたところだという。
行者岩とも称され、今日でも修験道者が信仰の対象としているが、古い山岳信仰の岩坐(神が降臨するといわれる巨石)だったのであろう。
この岩の名も、その北方から布引市ヶ原に至る山道、天狗道の名も、ともにそこで修行する山伏の姿を見た山麓の農民が山伏たちを天狗と思って名付けた呼び名であろう。


  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com