桂川の記事


保津峡を見下ろせたのはJR保津峡駅のホ…

|   
(2012:11:28 10:05:30, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:250, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

保津峡を見下ろせたのはJR保津峡駅のホームでした。トンネルを抜けたところすぐ、桂川に架かる鉄橋がそのままホームになっています。


保津峡駅のホームを下側から見たところ。…

|   
(2012:11:28 10:06:40, NIKON D800, F8.0, 1/250, -1, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

保津峡駅のホームを下側から見たところ。アーチ状の鉄橋になっています。


反対側のホームへとやって来ました。これ…

|   
(2012:11:28 10:16:06, NIKON D800, F8.0, 1/200, -1/2, ISO:160, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

反対側のホームへとやって来ました。これから左上側の車道を嵐山方面へと歩きます。気合の入っている人は河川敷や崖を強行するそうですがそんな気合はありません。ちなみに想像以上に険しいため重症事故多発だそうです。


ゆったりと風景を見ていたら私の乗ってき…

|   
(2012:11:28 10:18:13, NIKON D800, F4.5, 1/400, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

ゆったりと風景を見ていたら私の乗ってきた電車の次発が到着。そういえば京都駅から保津峡方面の電車は観光客で激混みでした。まるで東京のラッシュアワー状態。ちょっとビックリ。


保津峡駅を見下ろせる位置まで来ました。…

|   
(2012:11:28 10:33:00, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:500, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

保津峡駅を見下ろせる位置まで来ました。さっきから逆光で汚らしいフレアが出すぎていたのでフィルターを拭き拭き。しかし変わらずで残念。交換時かな?


木の板が敷き詰められた小さな橋が架かっ…

|   
(2012:11:28 10:45:35, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:500, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

木の板が敷き詰められた小さな橋が架かっていました。トロッコ列車のトロッコ保津峡駅です。


再び川に視線を戻すとちょうど川下りの船…

|   
(2012:11:28 10:49:21, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:640, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

再び川に視線を戻すとちょうど川下りの船が橋をくぐるところでした。橋脚の麓には「写真」という看板を掲げた人が。ここで撮影して下船場へ写真を転送、観光客に売るサービスでもしているのでしょうか?


遅そうに見えて速いスピードで去って行き…

|   
(2012:11:28 10:49:53, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 55 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

遅そうに見えて速いスピードで去って行きました。


道路からこうやって保津峡側の景色が開け…

|   
(2012:11:28 10:57:40, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:280, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

道路からこうやって保津峡側の景色が開けていることは稀です。


トンネルの旧道側を歩いていたら見晴らし…

|   
(2012:11:28 11:03:48, NIKON D800, F8.0, 1/200, -1/2, ISO:200, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

トンネルの旧道側を歩いていたら見晴らしのいい場所に出ました。今回の保津峡歩きはここまで。ここからは清滝川側を遡上します。


崖に建てられたこの小屋には刺し網のよう…

|   
(2012:11:28 11:16:50, NIKON D800, F8.0, 1/500, -2, ISO:2500, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

崖に建てられたこの小屋には刺し網のようなものが陰干しされていました。保津峡の漁業用途のものでしょうか?


京都府へ

|   
(2013:04:13 16:44:30, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

淀川から桂川へと名前が変わったそのすぐ先に大阪府と京都府の府境がありました。


府縣界標

|   
(2013:04:13 16:45:01, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

大阪府と京都府の境界にこんな標石が。大阪も京都も府ですが、「府県界標」とありました。


まだ淀川(桂川)は続いていますが、もう…

|   
(2013:04:13 16:50:42, NIKON D800, F8.0, 1/250, -1/2, ISO:100, 70 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

まだ淀川(桂川)は続いていますが、もう17時近いので今日はここまで。


一面の菜の花畑。

|   
(2013:04:15 09:06:16, NIKON D800, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

一面の菜の花畑。


桂川、木津川、宇治川の三川が合流して淀…

|   
(2013:04:15 09:14:07, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:110, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

桂川、木津川、宇治川の三川が合流して淀川になる起点の標石。

かつらがわ
三川合流点から0.0km


ここも渡し場だったようです。三川合流が…

|   
(2013:04:15 09:28:45, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

ここも渡し場だったようです。三川合流があるので、どこをどう渡っていたの?と思いましたが、江戸時代や明治頃には京都も大きな湖があったりしたのでここも大きな川だったのかもしれません。


狐渡し跡(江戸時代~明治初期)

|   
(2013:04:15 09:28:53, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 70 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

狐渡し跡(江戸時代~明治初期)

この付近は江戸時代に賑わいをみせた狐渡し跡である。淀川の水運は古代から京阪神間の重要なパイプ役をはたしてきた。江戸時代になってもそれは変わることなく、西国街道とともに人々の往来で賑わった。特に淀川水運は物資の運搬に大きな役割をはたし、20石舟・30石舟が毎日上り下りした。
大山崎の浜には江戸時代20石舟が発着、人々や荷物を運搬した。その頃浜(泥川浜)は回船問屋が軒を並べ狐渡しと共に京都、大阪、淀、八幡への物資運送屋人の往来で賑わっていた。泥川浜の回船問屋は当時かなり手広い営業をしていたようで円明寺になる小倉神社にも石灯籠を寄進し、舟の航行安全を祈っている。
この狐渡しと泥川浜の回船問屋も明治時代に入って東海道線が開通して営業を始めるとじょっじょに利用者が減り、明治中期頃を境として完全に陸上交通に役割をとって変られ、ついにその姿を消してしまった。

昭和62年3月
大山崎町教育委員会


この付近一帯はヒメボタルの生息地だそう…

|   
(2013:04:15 09:29:24, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

この付近一帯はヒメボタルの生息地だそうです。見に来たいとは考えているのですが、発光のピークが深夜なため日帰りできないのが苦しいところ。


ヒメボタルが自然発生できるよう、わたし…

|   
(2013:04:15 09:29:32, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)

ヒメボタルが自然発生できるよう、わたしたちの手で水辺環境を守りましょう。
森のホタル・ヒメボタル生息地

ヒメボタルの特徴
体長6~8mmの小さなホタルです。
本州~九州に分布しています。
幼虫は陸生貝類等を食べます。
成虫のメスは後翅が退化して飛べません。
発光はフラッシュのように光ります。

ヒメボタルの見られる時期
成虫の発生期は5月中旬から6月初旬です。
成虫の発生ピークは5月下旬頃です(年によって変わる)。
発光は22時頃から。最も多く光るのは深夜1時前後です。

桂川河畔のヒメボタルの重要性と保護
ヒメボタルのメスは飛ぶことができないため、環境の変化に特に弱い生き物です。
大山崎町桂川河畔林のヒメボタル生息数は、近畿県内最大級です。
ヒメボタルとその生息地を地域の宝として子供たちの世代に伝えていかなければなりません。
ヒメボタルが棲む桂川河畔林は多様な生物が生息しています。ヒメボタルを守ることで多様な生物も守れます。

観察される方へのお願い
ヒメボタル観察は竹林の外周でおこなってください。発生地の竹林は民有地ですので立ち入らないようにしてください。
マムシやムカデには十分ご注意ください。

大山崎町
協力:乙訓の自然を守る会


ランダム画像


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com