公園の記事


五大堂「すかし橋」について

|   
(2011:06:18 11:21:15, NIKON D300, F10.0, 1/125, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

五大堂「すかし橋」について

五大堂は瑞巌寺守護のために五大明王が祀られている堂宇であり、島全体が聖域とされている。
すかし橋は江戸時代中頃の記録にすでにみられ早くから透かしの構造であったことが知られる。
五大堂への参詣には身も心も乱れのないように脚下をよく照顧して気を引き締めさせるための配慮と思われる。


すかし橋

|   
(2011:06:18 11:22:01, NIKON D300, F10.0, 1/125, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

渡る人はみんな足元を見ながらです。


島に到着。木造の古そうな五大堂が建って…

|   
(2011:06:18 11:22:42, NIKON D300, F10.0, 1/80, +1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

島に到着。木造の古そうな五大堂が建っていました。


五大堂縁起

|   
(2011:06:18 11:23:06, NIKON D300, F10.0, 1/125, +1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

五大堂縁起

平安時代初期の807年、坂上田村麻呂がこの島に毘沙門堂を建て、828年、慈覚大師が瑞巌寺の前身、松島寺を建てて、ここに五大明王を祀り、五大堂と呼ぶようになった。
現在の建物は1604年、伊達政宗が紀州(和歌山県)の名工鶴衛門家次に命じて建立した。方三間の宝形造で、四方に勾欄つきの縁を巡らし、正面に向拝をつける。内部に重厚な言え形厨子を置き、五大明王を安置する。
有名な●股の彫刻など、雄健な桃山建築として、国重要文化財に指定されている。

瑞巌寺


五大堂

|   
(2011:06:18 11:23:55, NIKON D300, F10.0, 1/200, +1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

両サイドにあった石灯籠がなくなっていました。地震の影響で倒壊したのでしょうか?


すかし橋

|   
(2011:06:18 11:26:05, NIKON D300, F10.0, 1/125, +1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

五大堂側から再びすかし橋を渡って戻ります。


この公園もおそらく津波に襲われて、瓦礫…

|   
(2011:06:18 14:45:27, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

この公園もおそらく津波に襲われて、瓦礫などが溜まっていたのでしょうが、今は綺麗に片付いていました。そして公園内の水道も使える状態。ダメもとで蛇口をひねったら水が出てきてちょっとびっくりでした。


東日本大震災は2011年3月11日14…

|   
(2011:06:18 14:46:15, NIKON D300, F11.0, 1/100, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

東日本大震災は2011年3月11日14時46分に発災しました。ちょうど今日のこの時間。あの震災から100日目を迎えました。
100日経っても、、、津波被害の復興はほとんど始まっていない状態。仮設住宅への入居もほとんどの場所でまだ。原発周辺の汚染状況は続々と明らかになりつつあるものの、その対策はほとんど取られず。市場には(事故後に引き上げた)暫定基準を大幅に越える食品類が流通。原発は汚染水処理系の稼働準備が整いつつあるものの、まだまだ収束は遠い未来、、、ほんと神様に祈るしかないような状況です。


海岸沿いにある大きな公園、雲雀野公園は…

|   
(2011:06:19 08:04:55, NIKON D300, F10.0, 1/500, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

海岸沿いにある大きな公園、雲雀野公園は瓦礫の集積場になっていました。ものすごい量の瓦礫が運び込まれて積まれていました。
瓦礫の中に、スズメなどの野鳥が巣を作っているようでした。


ヘリコプター

|   
(2011:06:19 12:46:16, NIKON D300, F16.0, 1/125, 0, ISO:200, 85 mm(換算127 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  




崎山展望公園

|   
(2011:06:19 12:46:45, NIKON D300, F16.0, 1/125, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

一応、柵が置かれて立入禁止になっていました。


女川観光のご案内

|   
(2011:06:19 12:47:11, NIKON D300, F16.0, 1/60, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

女川観光のご案内

マリンパル女川
シーパルI 0225-54-4711
シーパルII 0225-54-4714

マリンパル女川は南三陸の楽しさを満喫できる海の感動体験館。
海と魚の世界を最新の映像システムで視覚体験ができる他に、トリックアート(水のない水族館)や名誉館長 中村雅俊常設展示など驚きと発見、夢と好奇心を広げる水産観光センター「シーパルI」。
新鮮な魚介類と水産加工品の流通販売を目指して、新鮮美味が実感できるおさかな市場水産物流センター「シーパルII」。2階には、シーフードが楽しめるレストランもあります。


女川町総合運動場
0225-53-3151

野球場、陸上競技場、多目的運動場、テニスコート、総合体育館、フィールドアスレチック、ちびっこ広場(芝生)などがあり、四季をとおしてのスポーツやレクリエーションが楽しめます。


女川温泉ゆぽっぽ
0225-50-2683

女川駅のすぐ隣にある日帰り温浴施設。泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物泉で、神経痛や皮膚病などに効果があります。浴室は檜風呂と岩風呂の2つで、高齢者にも優しいイス型の岩盤浴もあります。
お座敷列車は懐かしさいっぱい!


三十三観音碑
女川駅より徒歩3分

文政7年(1824年)独国和尚が五穀豊穣、天下泰平を祈願して建立した33の観音碑。
石碑は尾根伝いに並び、約1.8kmの散歩道は豊かな自然に囲まれ、散策コースとしても親しまれています。


高村光太郎文学碑
海岸駐車場脇

昭和6年8月に詩人、彫刻家として知られる高村光太郎が女川に訪れたことを長く後世に伝えるために海岸駐車場北側の海岸公園に文学碑を建立、「三陸廻り」の中から抜粋した文を刻んだ巨岩を主碑にして、「よりしき鮫」「霧の中の決意」の高村光太郎直筆原稿を刻む2基が設置されています。女川町の新しい観光名所として注目を集めています。


女川原子力PRセンター
0225-53-3410

原子力発電所を眼下に見下ろす高台にあり、原子力発電の仕組みを見て触れて、楽しみながら理解できるようにパネルや写真、映像を使い紹介しています。
2階には、楽しく遊べる化学コーナーなどもあります。


イベント・観光情報のお問い合わ先はマリンパル女川内
女川商工観光課 0225-53-4033
女川町観光協会 0225-54-4328


高台にある上の山公園に来ました。この指…

|   
(2011:06:20 13:25:39, NIKON D300, F9.0, 1/200, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

高台にある上の山公園に来ました。この指定避難場所に指定されている場所です。かなりの高台ですが、この公園にも津波が押し寄せた跡が見られました(さらに標高が高いところへ行けるようになっているのでここへ避難した人は無事だったと思います)


志津川町指定避難場所
上の山公園
この公園は、地震災害のあった時における指定避難場所です。
地震があったら津波の用心


高台にあり津波の避難場所に指定されてい…

|   
(2011:06:20 13:26:34, NIKON D300, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

高台にあり津波の避難場所に指定されている上の山公園ですが、津波に襲われたようでフェンスが倒れていました。


経緯度表示板

|   
(2011:06:20 13:26:52, NIKON D300, F9.0, 1/200, 0, ISO:200, 20 mm(換算30 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

この公園の標高は16メートル。南三陸町を襲った津波(の到達高度)は16メートル以上だったということでしょうか。


経緯度表示板

東経141度27分11秒
北緯38度40分29秒
標高16.16メートル
平成元年11月 測量


世田米城跡

|   
(2011:06:22 09:01:15, NIKON D300, F11.0, 1/125, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  




世田米城跡

|   
(2011:06:22 09:01:23, NIKON D300, F11.0, 1/80, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

世田米城跡

 古記録に、この城は気仙二十七城の1つであり「下舘」「新城」とも呼称され、遠野南部氏気仙侵入を押えた重要な位置にあった城であると記されている。
 本城の規模、構造は、南北200メートル、東西100メートル、高さ50メートルの小山が城郭のすべてであり、八幡神社の祭られている山頂が本丸跡である。
 二の丸は二段の土壇が取り巻き、城の裾を流れる中沢川、気仙川を利用した山城の定法によって築城された堅城である。
 城跡下南東の地に「新城院」(現在は廃寺)があるが、弘治元年(1555年)阿曽沼氏の菩提寺として創建、元和元年(1615年)阿曽沼中書広久再建中輿とある。

住田町


鬼越えふれあい広場

|   
(2011:06:22 11:41:48, NIKON D300, F8.0, 1/1000, 0, ISO:200, 13 mm(換算19 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

盛川の河川敷に造られた公園です。トイレや日除けのある休憩所も完備。風が強すぎたので気持ちよくは安めませんでしたが、風さえなければいい場所でした。


鬼越えの由来

|   
(2011:06:22 11:42:25, NIKON D300, F8.0, 1/800, 0, ISO:200, 13 mm(換算19 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

鬼越えの由来

 昔、猪川に赤頭という賊の部族が住んでいた。赤頭は、名にしおう悪鬼の集りで、坂上田村麻呂将軍の征伐にも屈せず、あくまで抵抗していたのである。しかし半年余りの戦いの後、ついに敗れて、一族もちりぢりばらばらになり、四方へ逃げていった。
 この赤頭のかしらは高丸という鬼であったが、田村麻呂に追われて、猪川の久名畑から日頃市の方へ逃げて行った。
 田村麻呂は懸命に追って、二丈もある大きな岩の上まで追いつめた。前は深い淵でもあり、あわや、さすがの高丸も捕らえられそうになったのであった。
 このとき、高丸は最後の力を振りしぼり、あっという間に、岩の上から向こう岸に飛び越え、阿修羅のように逃げ去った、、、
 以後、このことに因んでこの岩を「鬼越え」と称するようになったのである。

大船渡市史より


藤沢口付近はかつて、「鬼越え」と呼ばれ…

|   
(2011:06:22 11:42:42, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201106東日本大震災  

藤沢口付近はかつて、「鬼越え」と呼ばれていた。
 昔、猪川に住んでいた赤頭の首領高丸という鬼を、坂上田村麻呂が小高い岩山まで追い詰めた。
 前は深い淵で、高丸は最後の力をふりしぼって岩の上から向こう岸に飛び越え、逃げ去った。
 この”伝説”にちなんdね、その岩山は「鬼越え」と名付けられた。「鬼越え」の岩山は現在存在しない。

命名
金野裕樹
千葉真名

揮●
菊池昇子


ランダム画像


アクセス順位

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com