8月の記事


岩ヶ崎海水浴場(その2)

|   
(2008:08:18 13:44:29, NIKON D200, F13.0, 1/200, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岩ヶ崎海水浴場は泳ぐのは無料だが、駐車場は有料で700円。キャンプ場としの機能もあり、大テントが500円、小テントが300円。トイレや水道が完備されていた。
辺鄙な場所とは言えさすが海水浴場。岸辺に設置された岩のりを養殖するためのコンクリート台の上で休んでいる人など何人かが泳ぎに来ていました。


岩ヶ崎海水浴場(その2)

|   
(2008:08:18 13:44:46, NIKON D200, F13.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岩ヶ崎海水浴場は泳ぐのは無料だが、駐車場は有料で700円。キャンプ場としの機能もあり、大テントが500円、小テントが300円。トイレや水道が完備されていた。
辺鄙な場所とは言えさすが海水浴場。岸辺に設置された岩のりを養殖するためのコンクリート台の上で休んでいる人など何人かが泳ぎに来ていました。


岩ヶ崎海水浴場(その2)

|   
(2008:08:18 13:47:06, NIKON D200, F13.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岩ヶ崎海水浴場は泳ぐのは無料だが、駐車場は有料で700円。キャンプ場としの機能もあり、大テントが500円、小テントが300円。トイレや水道が完備されていた。
辺鄙な場所とは言えさすが海水浴場。岸辺に設置された岩のりを養殖するためのコンクリート台の上で休んでいる人など何人かが泳ぎに来ていました。


岩ヶ崎海水浴場(その2)

|   
(2008:08:18 13:47:52, NIKON D200, F13.0, 1/500, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岩ヶ崎海水浴場は泳ぐのは無料だが、駐車場は有料で700円。キャンプ場としの機能もあり、大テントが500円、小テントが300円。トイレや水道が完備されていた。
辺鄙な場所とは言えさすが海水浴場。岸辺に設置された岩のりを養殖するためのコンクリート台の上で休んでいる人など何人かが泳ぎに来ていました。


岩ヶ崎海水浴場(その2)

|   
(2008:08:18 14:09:02, NIKON D200, F13.0, 1/350, 0, ISO:200, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岩ヶ崎海水浴場は泳ぐのは無料だが、駐車場は有料で700円。キャンプ場としの機能もあり、大テントが500円、小テントが300円。トイレや水道が完備されていた。
辺鄙な場所とは言えさすが海水浴場。岸辺に設置された岩のりを養殖するためのコンクリート台の上で休んでいる人など何人かが泳ぎに来ていました。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その1)

|   
(2008:08:18 14:17:51, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新潟旅行一発目の海は岩ヶ崎海水浴場になりました。これは旅行期間通してずっとだったのですが、海のコンディションはイマイチ。というか最悪。ほとんどの場所で濁りが多く透明度が悪くなっていました。
ここでは海に入ってまず目に入ったのがヒトを刺すことがあるアンドンクラゲ。「お盆を過ぎるとクラゲが出る」というクラゲです。イトマキヒトデは青色や黄色などの色彩変化が楽しめました。
岩ヶ崎海水浴場ではメジナ、メバル、サンバソウ、イシダイの群れ、カマス、アジの群れ、スズメダイの群れ、アイナメ、コブダイ、ヒガンフグやクサフグ、キュウセン、ホンベラ、、、色々な魚が見れただけに海の状態が悪いのが残念でした。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その1)

|   
(2008:08:18 14:20:23, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新潟旅行一発目の海は岩ヶ崎海水浴場になりました。これは旅行期間通してずっとだったのですが、海のコンディションはイマイチ。というか最悪。ほとんどの場所で濁りが多く透明度が悪くなっていました。
ここでは海に入ってまず目に入ったのがヒトを刺すことがあるアンドンクラゲ。「お盆を過ぎるとクラゲが出る」というクラゲです。イトマキヒトデは青色や黄色などの色彩変化が楽しめました。
岩ヶ崎海水浴場ではメジナ、メバル、サンバソウ、イシダイの群れ、カマス、アジの群れ、スズメダイの群れ、アイナメ、コブダイ、ヒガンフグやクサフグ、キュウセン、ホンベラ、、、色々な魚が見れただけに海の状態が悪いのが残念でした。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その1)

|   
(2008:08:18 14:23:02, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新潟旅行一発目の海は岩ヶ崎海水浴場になりました。これは旅行期間通してずっとだったのですが、海のコンディションはイマイチ。というか最悪。ほとんどの場所で濁りが多く透明度が悪くなっていました。
ここでは海に入ってまず目に入ったのがヒトを刺すことがあるアンドンクラゲ。「お盆を過ぎるとクラゲが出る」というクラゲです。イトマキヒトデは青色や黄色などの色彩変化が楽しめました。
岩ヶ崎海水浴場ではメジナ、メバル、サンバソウ、イシダイの群れ、カマス、アジの群れ、スズメダイの群れ、アイナメ、コブダイ、ヒガンフグやクサフグ、キュウセン、ホンベラ、、、色々な魚が見れただけに海の状態が悪いのが残念でした。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その1)

|   
(2008:08:18 14:27:18, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新潟旅行一発目の海は岩ヶ崎海水浴場になりました。これは旅行期間通してずっとだったのですが、海のコンディションはイマイチ。というか最悪。ほとんどの場所で濁りが多く透明度が悪くなっていました。
ここでは海に入ってまず目に入ったのがヒトを刺すことがあるアンドンクラゲ。「お盆を過ぎるとクラゲが出る」というクラゲです。イトマキヒトデは青色や黄色などの色彩変化が楽しめました。
岩ヶ崎海水浴場ではメジナ、メバル、サンバソウ、イシダイの群れ、カマス、アジの群れ、スズメダイの群れ、アイナメ、コブダイ、ヒガンフグやクサフグ、キュウセン、ホンベラ、、、色々な魚が見れただけに海の状態が悪いのが残念でした。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その2)

|   
(2008:08:18 14:36:01, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

イトマキヒトデが牡蠣を襲っているのでしょうか?そんな場面にも遭遇した岩ヶ崎海水浴場です。本当に魚が多くいい場所ですが、写真はまるで大阪湾内のよう。しかもピンボケばかりなのが残念。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その2)

|   
(2008:08:18 14:37:52, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

イトマキヒトデが牡蠣を襲っているのでしょうか?そんな場面にも遭遇した岩ヶ崎海水浴場です。本当に魚が多くいい場所ですが、写真はまるで大阪湾内のよう。しかもピンボケばかりなのが残念。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その2)

|   
(2008:08:18 14:39:05, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

イトマキヒトデが牡蠣を襲っているのでしょうか?そんな場面にも遭遇した岩ヶ崎海水浴場です。本当に魚が多くいい場所ですが、写真はまるで大阪湾内のよう。しかもピンボケばかりなのが残念。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その1)

|   
(2008:08:18 14:40:00, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新潟旅行一発目の海は岩ヶ崎海水浴場になりました。これは旅行期間通してずっとだったのですが、海のコンディションはイマイチ。というか最悪。ほとんどの場所で濁りが多く透明度が悪くなっていました。
ここでは海に入ってまず目に入ったのがヒトを刺すことがあるアンドンクラゲ。「お盆を過ぎるとクラゲが出る」というクラゲです。イトマキヒトデは青色や黄色などの色彩変化が楽しめました。
岩ヶ崎海水浴場ではメジナ、メバル、サンバソウ、イシダイの群れ、カマス、アジの群れ、スズメダイの群れ、アイナメ、コブダイ、ヒガンフグやクサフグ、キュウセン、ホンベラ、、、色々な魚が見れただけに海の状態が悪いのが残念でした。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その2)

|   
(2008:08:18 14:41:04, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

イトマキヒトデが牡蠣を襲っているのでしょうか?そんな場面にも遭遇した岩ヶ崎海水浴場です。本当に魚が多くいい場所ですが、写真はまるで大阪湾内のよう。しかもピンボケばかりなのが残念。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その2)

|   
(2008:08:18 14:42:45, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

イトマキヒトデが牡蠣を襲っているのでしょうか?そんな場面にも遭遇した岩ヶ崎海水浴場です。本当に魚が多くいい場所ですが、写真はまるで大阪湾内のよう。しかもピンボケばかりなのが残念。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その3)

|   
(2008:08:18 14:42:56, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目の写真はイボニシの産卵。こんな場所でもたくさんのイボニシがたくさん集まって産卵していました。気持ち悪いなぁ。少し沖側に出ると透明度も改善。イシダイの群れなどに遭遇しました。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その3)

|   
(2008:08:18 14:43:33, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目の写真はイボニシの産卵。こんな場所でもたくさんのイボニシがたくさん集まって産卵していました。気持ち悪いなぁ。少し沖側に出ると透明度も改善。イシダイの群れなどに遭遇しました。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その3)

|   
(2008:08:18 14:46:49, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目の写真はイボニシの産卵。こんな場所でもたくさんのイボニシがたくさん集まって産卵していました。気持ち悪いなぁ。少し沖側に出ると透明度も改善。イシダイの群れなどに遭遇しました。


岩ヶ崎海水浴場の水中(その3)

|   
(2008:08:18 14:59:41, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目の写真はイボニシの産卵。こんな場所でもたくさんのイボニシがたくさん集まって産卵していました。気持ち悪いなぁ。少し沖側に出ると透明度も改善。イシダイの群れなどに遭遇しました。


岩ヶ崎海水浴場から海府ふれあい広場へ(その1)

|   
(2008:08:18 15:39:04, NIKON D200, F13.0, 1/200, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200808新潟・山形  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

岩ヶ崎海水浴場で海から上がった後に国道345号へ戻るため坂を登らないといけないと落ち込んでいた。しかし海水浴場からまっすぐの道路を進むと坂を登らずに合流できることに気づき難なく国道345号へ。そこからは綺麗な緑色の水田が広がる国道を歩きました。


ランダム画像


アクセス順位

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com