神社の記事


鳥居の手前には堀りの名残りなのか、小川…

|   
(2012:06:04 16:15:11, NIKON D800, F8.0, 1/200, +1/3, ISO:280, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

鳥居の手前には堀りの名残りなのか、小川が流れていました。


気比の大鳥居(旧国宝)

|   
(2012:06:04 16:15:40, NIKON D800, F8.0, 1/125, +1/3, ISO:2000, 20 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

気比の大鳥居(旧国宝)

当神宮は古く仲哀天皇の行幸・奉拝祈願があり悠久2000年の歴史を有する元の官幣大社で北陸道総鎮守・越前国一之宮である。大鳥居の歴史は通称赤鳥居として嵯峨天皇弘仁元年(810年)の造営時に東参道口に創建されたが度重なる災害により倒壊したため正保2年(1645年)境域の西門に配し同礎石を移し寛永年間神領地佐渡国鳥居ヶ原から伐採奉納の榁樹1本で両柱を建て再建されたのが現在の朱塗の大鳥居である。明治34年国宝に指定(現在は国の重要文化財)木造では天下無双の大華表とふるくから呼称され各時代それぞれに権威ある伝統技術によって保存修理が行われ今日にその威容を伝えている。なお正面の扁額は有栖川宮威仁親王の御染筆である。


大鳥居の周りには、それを囲むようにたく…

|   
(2012:06:04 16:16:58, NIKON D800, F8.0, 1/200, +1/3, ISO:250, 28 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

大鳥居の周りには、それを囲むようにたくさんの常夜灯。どれも古そうです。


交差点を挟んで気比神宮をパチリ。道路沿…

|   
(2012:06:04 16:18:51, NIKON D800, F8.0, 1/200, +1/3, ISO:160, 26 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

交差点を挟んで気比神宮をパチリ。道路沿いに左側へ行くと気比神宮の駐車場&トイレがありました。


境内の一角にモニタリングポストがありま…

|   
(2012:06:05 10:26:23, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:220, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

境内の一角にモニタリングポストがありました。その隣りにはよく見かける「世界人類が平和でありますように」の白い棒。こんな場所に設置するなんて・・・


世界人類が平和でありますように

環境線量測定中
※手を触れないでください
日本原子力発電(株)


鳥居のすぐ横2本に日本原子力発電の社名…

|   
(2012:06:05 10:29:31, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:400, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

鳥居のすぐ横2本に日本原子力発電の社名が掘られていました。モニタリングポストといい、こういう所はさすが原子力村です。

献燈 日本原子力発電株式会社


[国宝]朝鮮鐘(太和7年3月日●州蓮池寺鐘在銘)1口

|   
(2012:06:05 10:35:21, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:140, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206敦賀  

[国宝]朝鮮鐘(太和7年3月日●州蓮池寺鐘在銘)1口

指定年月日:昭和27年11月23日
所在地及び管理者:敦賀市常宮 常宮神社
時代:新羅時代
総高:112.0cm
竜頭高:22.4cm
口径:66.7cm
口厚:6.0cm

鐘身を和鐘のように袈裟襷にせず、竜頭の竜は笠上の珠をかみ、両ひじを左右に張っている。
身の上・下帯は荒磯文を連続させ、4箇所の乳郭には花座を伴う乳を3段3列に配している。撞座は2箇所で、胴まわりに天衣をなびかせた天女を浮き彫りにしている。
銘区の銘文によると「太和7年3月日●州蓮池寺・・・」とあり、すなわち太和7年は唐文宗の元号で、この年は新羅の興徳王8年(833年)に相当し、いわゆる新羅時代の朝鮮鐘であることが知られる。
その鋳法は●型鋳物の焼き流し技法によっているが、文様、形態はすこぶる古様で、渡来鐘のうち最も大型のものに属する。
慶長2年(1597年)敦賀城主・大谷吉継(吉隆)が、豊臣秀吉に命により、当神社に奉納したと伝えられているが異説もある。

平成11年11月1日
敦賀市教育委員会


途中、岩肌が現れた場所に小さな厳島神社…

|   
(2012:06:25 13:28:02, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:560, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

途中、岩肌が現れた場所に小さな厳島神社がありました。


厳島神社

|   
(2012:06:25 13:28:13, NIKON D800, F8.0, 1/200, -2/3, ISO:1100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

厳島神社

祭神
厳島神社は白山神社の末社で旧来岩窟弁才天と称され祭神は「市杵島姫命」で本尊(本地)は「弁才天」であります。
海の安全の守り神として祀られています。

厳島神社式年祭
由緒によると1000年の昔から60年毎に「本開帳」、間の30年毎に「中開帳」として行われ、通称「弁天様のお開帳」と呼称されています。
平常白山神社本殿に安置されている御神体を厳島神社に遷座し開帳します。

弁天岩
対岸の「尾山」と同じく輝石安山岩の集塊岩で岩上には山形県善宝寺の祭神「龍神」が祀られ鳥居が建てられています。


海洋文化の聖地 白山神社

|   
(2012:06:25 13:53:32, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 30 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

白山神社
海洋文化の聖地


・海洋文化の聖地 白山神社
約100万年前の海底火山噴出物が育んだ自然(地形・動植物)と海洋文化(漁業・北前交易・信仰)の要素は、ここ白山神社周辺に集中しています。まさに、白山神社は、弁天岩ジオサイトの核心部です。白山神社には、本殿や春の大祭に奉納される舞楽、船絵馬、観音立像、社叢、ヒメハルゼミと6つの国指定文化財があります。

・白山神社の境内
本殿は奥まった岩陰にあり、室町時代(1515年)に建造された非対称な独特の建築様式です。毎年4月24日に行われる白山神社春季大祭に奉納される一連の舞楽は、15世紀に大阪の四天王寺の舞楽が伝わったものとされています。江戸時代に栄えた北前船交易(北海道~大阪)の様子が神社に奉納された船絵馬から知ることができます。また、神社の裏山、尾山は神社の境内の一部となっていて、信仰の森として保護されてきました。この社叢には、暖地性と寒地性の樹木が混じり合った300以上の樹種があり、北陸海岸地方の植物を代表した森です。ここでは、ヒメハルゼミが発生し(日本の生育地の北限)、7月上旬~下旬にはセミしぐれとなります(「ギーオ、ギーオ」あるいは「ウィーン、ウィーン」などと聞こえます)。

・社叢の樹木と昆虫
白山神社社叢は、人手の入っていない自然植生です。一般に、森林は次のように移り変わっていきます。裸地→地衣類・コケ類→多年草類(土壌の形成)→陽樹の生育(リョウブ・コナラ・マツなど)→陰樹の生育(アカガシ・シロダモ・タブ・ヤブツバキなど)(陽樹の衰退)→陰樹の森林の完成(安定)。ここの社叢は、陰樹の安定した森林です。また、ヒメハルゼミのほかに、アオスジアゲハ、キマダラカミキリなどの南方系の昆虫類が住んでいます。

弁天岩ジオサイト
弁天岩サイト内の地層・岩石・植物・動物・文化財などは、末永く子孫に受け継ぐために破損・滅失させないようお願いします。


日本の音風景百選 尾山のヒメハルゼミ

|   
(2012:06:25 13:53:39, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 28 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

「日本の音風景百選」なんていうものがあるなんてびっくりです。初めて見かけました。

日本の音風景百選
尾山のヒメハルゼミ
平成8年7月1日環境庁選定


白山神社に到着しました。入口はいたって…

|   
(2012:06:25 13:54:16, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:160, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

白山神社に到着しました。入口はいたって普通の神社です。


白山神社の文化財

|   
(2012:06:25 13:54:19, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:140, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

白山神社の文化財

重要文化財
木造 聖観音立像
像高104cm、桜の一木造り、平安後期の作

重要文化財
白山神社 本殿
三間社流造り 向拝一間 柿葺 附 棟札4枚
永正12年(1515年)の造立

重要無形民俗文化財
糸魚川・能生の舞楽
振舞、候礼、童羅利、地久、能抜頭、泰平楽、納曽利、弓法楽、児抜頭、輪歌、陵王、獅子舞
4月24日 春の大祭で奉納

重要有形民俗文化財
能生白山神社の海上信仰資料 97点
船絵馬 93点
船額 4点
宝暦、明和の古い船絵馬、特に明和3年の「はがせ船」を描いたものは我が国唯一の貴重な船絵馬である。

天然記念物
白山神社社叢
高さ90メートル、面積3.5ヘクタール、輝石安山岩質の集塊岩の山に暖地性の植物と寒地性の植物や昆虫が混生している。

天然記念物
能生ヒメハルゼミ発生地
体長3cm程の小さなセミで、泣き方は集団的で一斉に大合唱をする我が国の北限の発生地である。

新潟県文化財
銅像 十一面観音立像
像高35.5cm、平安後期の様式を示す小銅像である。

新潟県文化財
梵鐘 汐路の鐘
白山権現の別当能生山泰平寺の鐘で明應8年(1499年)に石川県穴水町で造られた。約3分の2の高さで、上下に割れている。

新潟県文化財
木造 泰澄大師坐像
像高64.5cm、加賀白山の開創泰澄の像で、大永4年(1524年)の作である。

新潟県文化財
舞楽面 5面
陵王2、納曽利2、能抜頭1
陵王面には寛正6年(1465年)の朱漆銘がある。

糸魚川市指定文化財
拝殿 切妻造り茅葺屋根 寛暦5年(1755年)造立
朱印状 徳川三代将軍家光他11通
紺紙金字一切経 般若波羅密多経巻 第357
棟札 文亀3年(1503年)●社造立
円境・八陵鏡

糸魚川市教育委員会



文化財愛護
重要文化財
白山神社
本殿
室町時代永正12年(1515年)建立
火気厳禁
HITACHI


階段を登ると古そうなどっしりとした狛犬…

|   
(2012:06:25 13:54:44, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:140, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

階段を登ると古そうなどっしりとした狛犬?が座っていました。石造りの鳥居の奥の方には茅葺屋根の建物が。


読めそうですが微妙に読めませんでした。

|   
(2012:06:25 13:55:06, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:280, 19 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

読めそうですが微妙に読めませんでした。


鳥居の脇にあった石灯籠も古そうです。

|   
(2012:06:25 13:55:16, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:250, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

鳥居の脇にあった石灯籠も古そうです。


白山神社

|   
(2012:06:25 13:55:34, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:110, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

1755年に建てられた茅葺屋根の拝殿です。


拝殿の中には木の札がたくさん掛けられて…

|   
(2012:06:25 13:56:53, NIKON D800, F8.0, 1/15, -4/3, ISO:2000, 24 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

拝殿の中には木の札がたくさん掛けられていました。


普通神社の境内というと砂利が敷かれてい…

|   
(2012:06:25 13:58:23, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:125, 22 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

普通神社の境内というと砂利が敷かれているのみですが、ここ白山神社では緑色に染まっていました。茅葺屋根の拝殿と併せていい雰囲気です。


宿根木白山神社石鳥居

|   
(2012:08:23 16:38:27, NIKON D800, F8.0, 1/125, -2/3, ISO:1000, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201208佐渡島  

町指定文化財
宿根木白山神社石鳥居

宿根木には花崗岩の石造物が覆い。石鳥居は、宿根木の船大工 高津勘四郎の寄進で、安永2年(1773年)の彫刻がある。
石工は、広島県尾道出身の与三郎という者で、花崗岩は尾道産である。宿根木の盛況がしのばれると同時に、全国的に活躍した瀬戸内の石工職人の存在を知ることができる。

佐渡市


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com