龍蔵寺川

|   
(2013:04:05 14:06:58, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:220, 24 mm, AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:24.3, 長潮)

龍蔵寺川
砂防災害関連事業

龍蔵寺について
龍蔵寺は中世に丹波における修験道の道場として栄えた天台宗の寺院です。
弘活3年(1557年)三好、松永軍が八上城の波多野氏を攻略した際、戦場のひとつとなって焼け落ちてしまいましたが、江戸時代の初期に再興されました。
篠山藩政期には多紀三山(龍蔵寺、高仙寺、文保寺)の筆頭として隆盛しました。
その来歴を物語るかのように、太平山の急峻な山腹に、根本薬師堂をはじめ数多くの層坊跡が残っています。
また境内のカエデが有名です。

龍蔵寺川について
龍蔵寺川は、二級河川真南条川に合流する砂防指定地河川です。
その源を兵庫県多紀郡丹南町と三田市との境に位置する標高658メートルの愛宕山に発し、急峻な渓谷を北に流下し、支川社別川を合わせて、農業用ため池の田口池に流入しています。
流域は武庫川の源流部に位置し、清流と渓谷の自然美で人々を和ませています。





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com