矢倉緑地の記事


矢倉緑地の中へ

|   
(2010:03:03 12:31:11, NIKON D300, F11.0, 1/800, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

淀川下流部から神崎川下流部にかけての矢倉緑地に着きました。狭い公園ですが、人工潮だまりが3つ、トイレ、水道、野鳥観察所などの施設があります。看板によると海岸にある柵は外に出ちゃダメということではないようです。こういうのは珍しいかも。


矢倉緑地の中へ

|   
(2010:03:03 12:31:26, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

淀川下流部から神崎川下流部にかけての矢倉緑地に着きました。狭い公園ですが、人工潮だまりが3つ、トイレ、水道、野鳥観察所などの施設があります。看板によると海岸にある柵は外に出ちゃダメということではないようです。こういうのは珍しいかも。


矢倉緑地の中へ

|   
(2010:03:03 12:31:41, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

淀川下流部から神崎川下流部にかけての矢倉緑地に着きました。狭い公園ですが、人工潮だまりが3つ、トイレ、水道、野鳥観察所などの施設があります。看板によると海岸にある柵は外に出ちゃダメということではないようです。こういうのは珍しいかも。


矢倉緑地の中へ

|   
(2010:03:03 12:31:53, NIKON D300, F11.0, 1/125, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地の整備

 この辺りは、江戸時代に京都の矢倉九右衛門が新田として開拓したと伝えられ、矢倉海岸と呼ばれています。
 三方を、大阪湾、淀川、神崎川に囲まれ、大阪市内に残された貴重な自然海岸として、魚釣りなどにも利用されてきました。
 都市公園として整備するにあたり、水辺の景観が楽しめる緑地とするとともに、以前からこの地で親しまれている魚釣りも可能な護岸構造とし、また、野鳥や水辺の生物の観察、潮だまりでの水あそびなど、自然とのふれあいの場としてもご利用いただける“矢倉緑地”といいたしました。


緑地の利用に際しては、次のことにご注意ください

潮だまりは、子供たちが魚・カニ等の観察や水遊びを楽しむ場所です。魚釣りはできません。
潮だまりは、潮の満ち引きにより水位が大きく変化します。十分に注意してください。
冊の外に出るのは危険です。魚釣りなどで冊外に出る場合は、特に安全に注意してください。
魚釣りをする方は、他の緑地利用者に十分に気をつけてください。
台風、高潮、津波などの気象情報には十分に注意してください。また、強風や気圧の変化などによって波が急に高くなることがありますので注意してください。

大阪市建設局


矢倉緑地の人工潮だまり

|   
(2010:03:03 12:32:12, NIKON D300, F11.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地内にある人工潮だまりは底が土っぽい砂になっていました。何か出るかな?と思わずちょっとだけですが掘り掘り。1、2分掘って出てきたのはカニ。周りをみるとカニ穴もちらほらありました。


矢倉緑地の人工潮だまり

|   
(2010:03:03 12:32:44, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地内にある人工潮だまりは底が土っぽい砂になっていました。何か出るかな?と思わずちょっとだけですが掘り掘り。1、2分掘って出てきたのはカニ。周りをみるとカニ穴もちらほらありました。


淀川最下流部(淀川終点)

|   
(2010:03:03 12:36:27, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

ついに淀川の河口に到着です。地面には「0.0」と書かれた金属パネルと+印が設置されていました。ここから上流が淀川、下流?が大阪湾になります。


淀川最下流部(淀川終点)

|   
(2010:03:03 12:36:29, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

ついに淀川の河口に到着です。地面には「0.0」と書かれた金属パネルと+印が設置されていました。ここから上流が淀川、下流?が大阪湾になります。


矢倉緑地からの大阪湾

|   
(2010:03:03 12:37:17, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地の南側、大阪湾の沖合いには高速道路の大阪5号湾岸線が走っています。写真右端側には中島料金所やPAがあるようです。


矢倉緑地の人工潮だまり

|   
(2010:03:03 12:38:56, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地内にある人工潮だまりは底が土っぽい砂になっていました。何か出るかな?と思わずちょっとだけですが掘り掘り。1、2分掘って出てきたのはカニ。周りをみるとカニ穴もちらほらありました。


矢倉緑地の人工潮だまり

|   
(2010:03:03 13:08:40, NIKON D300, F11.0, 1/800, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地内にある人工潮だまりは底が土っぽい砂になっていました。何か出るかな?と思わずちょっとだけですが掘り掘り。1、2分掘って出てきたのはカニ。周りをみるとカニ穴もちらほらありました。


矢倉緑地の野鳥観察所

|   
(2010:03:03 13:09:14, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地の神崎川河口側に設置されている野鳥観察所です。見下ろす形で神崎川の干潟などが見えます。ただ距離がかなりあるため撮影には向かないと思います。


矢倉緑地の野鳥観察所

|   
(2010:03:03 13:09:24, NIKON D300, F11.0, 1/100, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

春に周辺で見られる野鳥たち


ダイゼン
Pluvialis squatarola
チドリ科

全長29.5cm。旅鳥または冬鳥として干潟に渡来する。夏羽は顔から腹にかけて黒いが、冬羽では白地に黒い縦斑になる。後ろ向きにも指がある。ゴカイを食べる。


メダイチドリ
Charadrius mongolus
チドリ科

全長19.5cm。旅鳥として干潟、入江などに群れて渡来する。幼鳥は冬羽に似ているが、背や翼に淡色の羽縁がある。クリ、クリリと鳴く。


キョウジョシギ
Arenaria interpres
シギ科

全長22cm。旅鳥として干潟、磯に渡来する。体の上面は茶色と黒が混じり、雌は雄にくらべ色が淡い。太く上に反ったくちばしで石をひっくり返して小動物を捕まえる。


シロチドリ
Charadrius alexandrinus
チドリ科

全長17.5cm。全国で繁殖するが、北海道のものは冬は南へ移動する。雄の夏羽は前頭部が黒く後頭部は褐色。雌と冬羽の雄は頭が灰褐色。川の下流や海岸に生息する。


ツバメ
Hirundo rustica
ツバメ科

全長17cm。夏鳥として人里に渡来する。家の軒下などに泥を使って巣を作る。たくみに飛び回り昆虫を捕まえる。鳴き声は「虫食って土食ってしぶーい」と聞きなされる。


矢倉緑地の野鳥観察所

|   
(2010:03:03 13:09:28, NIKON D300, F11.0, 1/160, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

夏に周辺で見られる野鳥たち


オオヨシキリ
Acrocephalus arundinaceus
ヒタキ科

全長18.5c。夏鳥として川原や湿地のヨシ原に渡来する。体の上面はオリーブ色。ヨシ原の中でクモや昆虫を食べる。ギョギョシ・ギョギョシと穂先で大きな声で鳴く。


セッカ
Cisticola juncidis
ヒタキ科

全長12.5cm。本州以南で繁殖し、冬には北のものは南へ移動する。川原などの草原でクモの糸ではを縫い合わせて丸い壺形の巣を作る。飛びながらヒッヒッと鳴く。


コチドリ
Charadrius dubius
チドリ科

前著う16cm。越冬する個体もあるが、主に夏鳥として川の中流に生息する。目のまわりが黄色。地面にくぼみを作って巣にする。昆虫を食べ、ピピピと鳴く。


コアジサシ
Sterna albifrons
カモメ科

全長28cm。夏鳥として本州以南に渡来する。川原、海岸、埋立地で集団で繁殖する。くちばしは黄色く目の上に白い斑がある。水中に飛込んで魚を捕まえる。


ササゴイ
Butorides striatus
サギ科

全長52cm。夏鳥として本州以南の川に渡来する。目は黄色、頭と冠羽は黒。昼夜とも活動し、魚やカエルを捕まえる。餌や疑似餌を水面に落として魚を捕まえることもある。


矢倉緑地の野鳥観察所

|   
(2010:03:03 13:09:32, NIKON D300, F11.0, 1/100, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

秋に周辺で見られる野鳥たち


トウネン
Calidris ruficollis
シギ科

全長15cm。旅鳥として渡来する。夏羽では顔から胸にかけて赤っぽく、冬羽では白っぽくなる。体は小さく、くちばしも短い。主に干潟に群れで生息し、泥の中の小動物を食べる。


ハマシギ
Calidris alpina
シギ科

全長21cm。旅鳥または冬鳥として干潟に渡来する。夏羽は体の上面は赤褐色、腹に黒い斑がある。冬羽では上面が灰色、原は白くなる。曲ったくちばしでゴカイを食べる。


キアシシギ
Tringa brevipes
シギ科

全長25cm。旅鳥として干潟、磯、水田に渡来する。背が灰褐色で、脚は黄色。夏羽はのどに灰褐色の斑があるが、冬羽ではなくなる。ゴカイやカニを食べる。ピュイー、ピュイーと鳴く。


イソシギ
Tringa hypoleucos
シギ科

全長20cm。北海道、本州、九州で繁殖し、冬には北のものは南へ移動する。川や湖に生息するが、秋冬は海辺でも見られる。歩くときは尾を上下に振る。水辺で昆虫を食べる。チーリーリーと鳴く。


チュウシャクシギ
Numenius phaeopus
シギ科

全長42cm。旅鳥として干潟、磯、水田に渡来する。目の上に黒い線があり、くちばしは下に大きく曲がる。長いくちばしを泥の中に差込みカニを捕まえ、胴体を食べる。


矢倉緑地の野鳥観察所

|   
(2010:03:03 13:09:36, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

冬に周辺で見られる野鳥たち


キンクロハジロ
Aythya fuligula
カモ科

全長40cm。多くは冬鳥として池や川に渡来する。雄は腹部以外は黒で長い冠羽があり、雌は全身褐色で短い冠羽がある。潜って貝、魚、水草を食べる。


ホシハジロ
Aythya ferina
カモ科

全長45cm。北海道で少数が繁殖するが、多くは冬鳥として湖や池に渡来する。雄は頭から首にかけて赤褐色で、雌は全身褐色。水中に潜って水草を食べる。


ユリカモメ
Larus ridibundus
カモメ科

全長40cm。冬鳥として海岸や港に渡来する。夏羽は頭が黒く、冬羽は白く目の後に黒い斑ができる。寄るは海上で過すが、朝になると川をさかのぼる個体が多く見られる。


オナガガモ
Anas acuta
カモ科

全長:雄75cm、雌53cm。冬鳥として池や川に渡来する。雄は尾が長く、頭は茶色で首の前面が白い。雌は全身が褐色のまだら模様。逆立ちをして水草を食べる。ピリッピリッと鳴く。


ヒドリガモ
Anas penelope
カモ科

全長48.5cm。冬鳥として池や川に渡来する。雄は頭から首にかけてクリーム色。雌は褐色。水中に首を突っ込んで逆立ちをして藻類を食べる。ピューと鳴く。


矢倉緑地の野鳥観察所

|   
(2010:03:03 13:09:46, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地の神崎川河口側に設置されている野鳥観察所です。見下ろす形で神崎川の干潟などが見えます。ただ距離がかなりあるため撮影には向かないと思います。


矢倉緑地のトイレ

|   
(2010:03:03 13:12:09, NIKON D300, F11.0, 1/40, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

おたがいの人権を守って明るい社会

人の心を傷つける差別的ならくがきはやめましょう

差別的ならくがきに気づいたらすぐにお知らせください。

大阪市市民局 TEL 6208-7631


矢倉緑地のトイレ

|   
(2010:03:03 13:12:56, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

この公園はごみかごを置いておりません。
ごみは各自でお持ち帰りください。

十三公園事務所
TEL(6309)0008


矢倉緑地の中へ

|   
(2010:03:03 13:14:03, NIKON D300, F11.0, 1/640, 0, ISO:200, 20 mm(換算30 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)
カテゴリ: 201003大阪・兵庫   大阪湾  

矢倉緑地

ここ矢倉緑地は、大阪市域の北西のはずれに位置し、淀川と神崎川の河口部で、大阪市内唯一の自然海岸緑地です。付近は江戸時代に新田として埋め立てられ農作物を生産していましたが、現在は工業地域になっています。この緑地は大気汚染対策緑地でもあり、緑による大気の浄化と海辺の自然の保全、周辺住民の憩いの場として機能しています。


干潟
昨近、都市近郊の海岸部がコンクリート護岸に変わる中、矢倉緑地は、市内で唯一、干潟が見られます。干潟には多くの生き物が集まります。

潮だまり
ここでは磯の生物を観察したり、水遊びができるように、石を積んで潮だまりを作りました。満潮時と干潮時で水位が変わるので注意して遊びましょう。

あずまや(四阿)
緑地の中程にあずまやがあり、大阪湾を眺めながら休憩できます。

野鳥観察所
神崎川河口に面して野鳥観察所があり、春~秋には干潟にくるシギ・チドリ、冬にはカモ類など多くの鳥が集います。静かに観察しましょう。

芝生広場
小高い丘となった芝生広場は、大阪湾、神崎川、淀川が一望でき、お弁当を広げるのに最適です。ここちよい海風をうけながら、くつろいでください。


緑地で見られrう磯の生物
川から海へと移りゆく河口、そこには様々な生き物が集まります。

シロチドリ
川の下流や海岸に住んでいて、巣は砂地などにつくります。親鳥が「プィー」などと大声で鳴くときは巣が近くにあるのでそっと立ち退きましょう。

チュウシャクシギ
下に曲がったくちばしを泥にさし込み、大型のカニなどを捕らえて食べます。4~5月と8~10月頃、干潟などに飛来する旅鳥です。

イソガニ
甲幅3cm。内湾の岩や石のあいだで、もっとも普通にみられます。甲はほぼ四角で8本の足には紫赤色の縞模様があります。

ボラ
春から夏に内湾で見られる魚で、かなり汚れた湾にも入ってきます。散乱する秋には沿岸に移り、冬は深みで過ごします。泥底にひそむ小動物や藻類などを食べます。

ハゼ
全長13~25cm。河口や内湾に多くすみ、夏には川に入り込むものがたくさんいます。おもに動物性プランクトンを食べます。寿命は1年または2年。正式にはマハゼといいます。

大阪市建設局


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com