緑の道しるべの記事


緑の道しるべ「阿那賀公園」

|   
(2009:09:24 14:49:01, NIKON D300, F11.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:5.3, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ「阿那賀公園」です。なんとこの付近を始め、淡路島内の数ヶ所でアンモナイトの化石が出土しているそうです。解説板には淡路島内でアンモナイトが見つかっている場所が記されていました。ネットでもう少し情報を調べて今度探しに行ってみようかな。


緑の道しるべ「阿那賀公園」

|   
(2009:09:24 14:49:21, NIKON D300, F11.0, 1/1000, 0, ISO:200, 17 mm(換算25 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:5.3, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ「阿那賀公園」です。なんとこの付近を始め、淡路島内の数ヶ所でアンモナイトの化石が出土しているそうです。解説板には淡路島内でアンモナイトが見つかっている場所が記されていました。ネットでもう少し情報を調べて今度探しに行ってみようかな。


緑の道しるべ「阿那賀公園」

|   
(2009:09:24 14:50:11, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 17 mm(換算25 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:5.3, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ「阿那賀公園」です。なんとこの付近を始め、淡路島内の数ヶ所でアンモナイトの化石が出土しているそうです。解説板には淡路島内でアンモナイトが見つかっている場所が記されていました。ネットでもう少し情報を調べて今度探しに行ってみようかな。


緑の道しるべ「阿那賀公園」

|   
(2009:09:24 14:50:21, NIKON D300, F11.0, 1/2000, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, ☆☆☆, 撮影地, 潮位, 月齢:5.3, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

淡路島のアンモナイト化石

 アンモナイトはタコやイカ、オウムガイなどが含まれる頭足類に属しており、殻の太い方の端にはタコやイカに似た軟体部があったものと考えられています。古生代から中生代にかけて大変に栄えた生き物ですが、中生代白亜紀末(6500万年前)に恐竜などとともに滅びてしまいました。
 淡路島では、南部に分布している和泉層群と呼ばれる地層からアンモナイト化石が見つかっています(右図)。白亜紀の終わり頃、今からおよそ7000万年うらい前のものです。
 アンモナイトは平に巻いている種類が多いのですが、淡路島からは”異常巻き”と呼ばれる、変わった巻き方をした種類が多く見つかっています。中でも、この場所からみつかるディディモセラスと、湊海岸などから産出するプラビトセラスは、淡路島を代表するアンモナイトとしてよく知られています。どちらの種類も成長の最後の段階で巻きがほどけて、ディディモセラスでは下に垂れ下がってC字状に湾曲します。プラビトセラスでは、巻きがほどけた後ねじれて逆巻きになり、S字状の殻になります。


緑の道しるべ「阿那賀公園」

|   
(2009:09:24 14:51:10, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:5.3, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ「阿那賀公園」です。なんとこの付近を始め、淡路島内の数ヶ所でアンモナイトの化石が出土しているそうです。解説板には淡路島内でアンモナイトが見つかっている場所が記されていました。ネットでもう少し情報を調べて今度探しに行ってみようかな。


丸山港へ

|   
(2009:09:24 14:56:35, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:5.3, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

阿那賀集落内を丸山港へ向けて歩きます。水の張ったU字港にはアカテガニがたくさん。海は集落に近づくにつれて青く綺麗になってきました。さっき泳いだばかりですが、海を見ているうちにまた泳ぎたくなり、、、最後の写真の場所で泳ぐことにしました。


緑の道しるべ「松帆慶野」

|   
(2009:09:26 08:59:19, NIKON D300, F9.0, 1/200, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

淡路島西岸に点在する公園「緑の道しるべ」がありました。数台が駐車できるスペースと水道を備えた公園です。慶野松原の公園らしく、松がたくさん植樹されていました。


緑の道しるべ「松帆慶野」

|   
(2009:09:26 09:00:08, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ

南あわじ士松帆慶野

 淡路島は、緑あふれる美しい海岸線をはじめとする豊かな海洋性景観を有し、また、くにうみ神話の島として、古い歴史とすばらしい伝統文化を有する島です。
 兵庫県では、「緑あふれる道づくり」として、淡路島の西海岸を縦貫する淡路サンセットライン(県道31号線 主要地方道福良江井岩屋線)において、地域の歴史、文化的遺産や自然環境を生かした、拠点緑化や沿道緑化を重点的に推進しています。
 慶野公園は、南あわじ市松帆慶野が瀬戸内海沿岸でも屈指といわれる白砂青松の海岸線を有するマリンスポーツの盛んな地であることから、「ヨット」をモニュメントとし、旧町(西淡町)当時の町木の「マツ」をシンボル樹とする「緑の道しるべ」として整備しました。


緑の道しるべ「角川公園」

|   
(2009:09:26 11:25:29, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道31号沿いの緑の道しるべ「角川公園」に到着しました。緑の道しるべはどこにどんな施設の公園があるかが事前に分かるためどこで休むかなどの予定を立てやすくて助かります。ここは水道とトイレがある公園、、、のはずでしたが、トイレは閉鎖されていて使えませんでした。残念ながらこういうトラブルも日常茶飯事。
そんなことに気落ちせずにここで休憩することに。携帯電話とデジカメの電池を太陽電池で充電しながらmp3再生。当然ロッカトレンチです。炎天下で歩く気も起きなかったので1時間も休んでしまいました。


緑の道しるべ「角川公園」

|   
(2009:09:26 11:26:15, NIKON D300, F11.0, 1/2000, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ
五色町角川

 淡路島は、豊かな緑と美しい海岸線をはじめとする豊かな海洋性景観を有し、また、くにうみ神話の島として、古い歴史とすばらしい伝統文化を有する島です。
 兵庫県では、「緑あふれる道づくり」として、淡路島の西海岸を縦貫する淡路サンセットライン(県道31号線、主要地方道福良江井岩屋線)において、地域の歴史、文化的遺産や自然環境を生かした、拠点緑化や沿道緑化を重点的に推進しています。
 角川公園は、五色町が北海の調査・開拓事業を起こした高田屋嘉兵衛ゆかりの地であることから「北前船」をモニュメントとし、町木の「マツ」をシンボル樹とする「緑の道しるべ」として建設しました。


緑の道しるべ「角川公園」

|   
(2009:09:26 12:08:21, NIKON D300, F11.0, 1/80, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道31号沿いの緑の道しるべ「角川公園」に到着しました。緑の道しるべはどこにどんな施設の公園があるかが事前に分かるためどこで休むかなどの予定を立てやすくて助かります。ここは水道とトイレがある公園、、、のはずでしたが、トイレは閉鎖されていて使えませんでした。残念ながらこういうトラブルも日常茶飯事。
そんなことに気落ちせずにここで休憩することに。携帯電話とデジカメの電池を太陽電池で充電しながらmp3再生。当然ロッカトレンチです。炎天下で歩く気も起きなかったので1時間も休んでしまいました。


緑の道しるべ「角川公園」

|   
(2009:09:26 12:09:16, NIKON D300, F11.0, 1/160, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道31号沿いの緑の道しるべ「角川公園」に到着しました。緑の道しるべはどこにどんな施設の公園があるかが事前に分かるためどこで休むかなどの予定を立てやすくて助かります。ここは水道とトイレがある公園、、、のはずでしたが、トイレは閉鎖されていて使えませんでした。残念ながらこういうトラブルも日常茶飯事。
そんなことに気落ちせずにここで休憩することに。携帯電話とデジカメの電池を太陽電池で充電しながらmp3再生。当然ロッカトレンチです。炎天下で歩く気も起きなかったので1時間も休んでしまいました。


緑の道しるべ「角川公園」

|   
(2009:09:26 12:27:15, NIKON D300, F11.0, 1/200, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道31号沿いの緑の道しるべ「角川公園」に到着しました。緑の道しるべはどこにどんな施設の公園があるかが事前に分かるためどこで休むかなどの予定を立てやすくて助かります。ここは水道とトイレがある公園、、、のはずでしたが、トイレは閉鎖されていて使えませんでした。残念ながらこういうトラブルも日常茶飯事。
そんなことに気落ちせずにここで休憩することに。携帯電話とデジカメの電池を太陽電池で充電しながらmp3再生。当然ロッカトレンチです。炎天下で歩く気も起きなかったので1時間も休んでしまいました。


緑の道しるべ「角川公園」

|   
(2009:09:26 12:32:54, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 17 mm(換算25 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:7.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道31号沿いの緑の道しるべ「角川公園」に到着しました。緑の道しるべはどこにどんな施設の公園があるかが事前に分かるためどこで休むかなどの予定を立てやすくて助かります。ここは水道とトイレがある公園、、、のはずでしたが、トイレは閉鎖されていて使えませんでした。残念ながらこういうトラブルも日常茶飯事。
そんなことに気落ちせずにここで休憩することに。携帯電話とデジカメの電池を太陽電池で充電しながらmp3再生。当然ロッカトレンチです。炎天下で歩く気も起きなかったので1時間も休んでしまいました。


緑の道しるべ「郡家公園」

|   
(2009:09:27 10:49:09, NIKON D300, F13.0, 1/640, -1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

微妙に海から離れた県道31号を北上していると緑の道しるべ「郡家公園」に到着しました。数台止まれる駐車場と水道がある場所です。
公園から海側の堤防道に出れる歩道は用意されていません。無理やり海側に出ると海岸まで降りずらい高い壁になっていました。釣り人がいるので降りれることは降りれるのでしょうが海に出るにはちょっと面倒そうな場所です。
 


緑の道しるべ「郡家公園」

|   
(2009:09:27 10:49:26, NIKON D300, F13.0, 1/250, -1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

微妙に海から離れた県道31号を北上していると緑の道しるべ「郡家公園」に到着しました。数台止まれる駐車場と水道がある場所です。
公園から海側の堤防道に出れる歩道は用意されていません。無理やり海側に出ると海岸まで降りずらい高い壁になっていました。釣り人がいるので降りれることは降りれるのでしょうが海に出るにはちょっと面倒そうな場所です。
 


緑の道しるべ「郡家公園」

|   
(2009:09:27 10:49:56, NIKON D300, F13.0, 1/2000, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

緑の道しるべ

一宮町郡家

 淡路島は、緑あふれる美しい海岸線をはじめとする豊かな海洋性景観を有し、また、くにうみ神話の島として、古い歴史とすばらしい伝統文化を有する島です。
 兵庫県では、「緑あふれる道づくり」として、淡路島の西海岸を縦貫する淡路サンセットライン(県道31号線、主要地方道福良江井岩屋線)において、地域の歴史、文化的遺産や自然環境を生かした、拠点緑化や沿岸緑化を重点的に推進しています。
 郡家公園は、一宮町がくにうみ神話をはじめとする悠久のロマンを秘めた日本発祥の地であることから、幻想的な世界を絵物語として表現した「石影」をモニュメントとし、町木の「ウバメガシ」をシンボル樹とする「緑の道しるべ」として整備しました。


緑の道しるべ「郡家公園」

|   
(2009:09:27 10:51:02, NIKON D300, F13.0, 1/800, -1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

微妙に海から離れた県道31号を北上していると緑の道しるべ「郡家公園」に到着しました。数台止まれる駐車場と水道がある場所です。
公園から海側の堤防道に出れる歩道は用意されていません。無理やり海側に出ると海岸まで降りずらい高い壁になっていました。釣り人がいるので降りれることは降りれるのでしょうが海に出るにはちょっと面倒そうな場所です。
 


緑の道しるべ「郡家公園」

|   
(2009:09:27 10:51:50, NIKON D300, F13.0, 1/640, -1/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

微妙に海から離れた県道31号を北上していると緑の道しるべ「郡家公園」に到着しました。数台止まれる駐車場と水道がある場所です。
公園から海側の堤防道に出れる歩道は用意されていません。無理やり海側に出ると海岸まで降りずらい高い壁になっていました。釣り人がいるので降りれることは降りれるのでしょうが海に出るにはちょっと面倒そうな場所です。
 


緑の道しるべ「郡家公園」

|   
(2009:09:27 10:51:58, NIKON D300, F13.0, 1/640, -1/3, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

くにうみのメッセージ

このモニュメントは、イザナギ命とイザナミ命の二神が、「天の沼矛」を海にさしおろし、海水をコオロ、コオロとかき混ぜて「於能碁呂島(おのころじま)」を生み、この島に降り立って国土を生み出したとされる「くにうみ神話」に思いを馳せて、その幻想的な世界を絵物語として表現しています。


宇宙

矛によってかき回された水にできた渦とそこから生まれた生命の世界とその神話性を天の世界のイメージと重ねて表現しています。




イザナギ命、イザナミ命が創りだした火の神を表現しています。


生物

イザナギ命、イザナミ命が創りだした大八嶋国(日本)に生まれた、自然と生物の姿を描いています。




イザナギ命、イザナミ命が天の世界から天の沼矛で海水をかき混ぜたときの水の波紋を表しています。




神話の中の海を旅する舟であり、この空間と風景を見るための座石として置いています。


作:東山嘉事


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com